保土ケ谷区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

偕恵いわまワークス 障害者の力作 暦の挿絵に 100作品から12枚を厳選

社会

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena
厳選された12作品が挿絵に使われたカレンダー
厳選された12作品が挿絵に使われたカレンダー

 岩間市民プラザ1階にある障害福祉サービス事業所「偕恵いわまワークス」の利用者が描いた絵画作品を挿絵に使った2022年のカレンダーが完成し11月末から販売されている。12月12日(日)までは、プラザ3階のギャラリーで原画展が開かれている。

 同所では「知的障害者の持つ個性的な才能を伸ばそう」と通常作業とは別に、絵を描くワークショップを行っている。この絵をより多くの人に見てもらう機会になればと10年前からカレンダーの制作を開始。これまでも富士山や生き物、乗り物など、その年ごとにテーマを設定し利用者の隠れた才能を世に送り出してきた。

 「私たちの住んでいる街=横浜」をテーマにした今年は5月から8月にかけて9回のワークショップが開かれ、25人が参加。桜が咲く三渓園や日本丸、みなとみらいの夕景などを独自の感性でキャンバスに描いた約100枚の力作の中から、プロのデザイナーが「カレンダーとしての商品価値がある作品」12作品を選定した。

 カレンダー(A4型)は700部制作され、1部1千円で販売されている。収益金は施設利用者の社会参加活動費に充てられる予定だという。

 関係者は「個性的な才能を伸ばそうという試みのひとつとして行っているワークショップから生まれた作品を生かすために企画されたカレンダー。ここから育まれてきた芽を少しずつ大きく育てていければ。一人でも多くの方に手に取っていただき、彼らの作品を見ていただければ」と話している。

12日まで岩間市民プラザで原画展

 完成したカレンダーに挿絵として掲載されている原画作品を含むワークショップ参加者の作品およそ30点を展示する「原画展」が12月12日(日)まで同プラザ3階のギャラリーで開かれている。観覧時間は午前9時30分から午後5時までで入場料は無料。

 カレンダーに関する問い合わせは偕恵いわまワークス【電話】045・336・0928/原画展に関する問い合わせは岩間市民プラザ【電話】045・337・0011へ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

心躍る壁画お目見え

初音ヶ丘

心躍る壁画お目見え 社会

「こんな時こそ、上を向いて」

1月27日号

過去2番目を記録

2021年救急出場数

過去2番目を記録 社会

8月には月別の最多も更新

1月27日号

廃食用油回収し再資源化

廃食用油回収し再資源化 社会

区役所前広場で28日

1月20日号

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩 社会

苗木40本を植え付け

1月20日号

「途上国にワクチンを」

仏向小4年1組

「途上国にワクチンを」 教育

商店街にボトルキャップ回収箱

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook