神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第二次派遣で大隊長を務めた 家田 昌利さん 59歳

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

救命への思い後進に繋ぐ

 ○…能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第二次派遣で大隊長として出動。被災地で78隊280人の指揮を執った。「人を助けるために行く中で、助けられる側になってはならない」。土砂災害や余震が続く被災地で一刻も早く救助したいと、気持ちが前のめりになってしまう隊員もいる中で、「任務を遂行し、預かっている人員を無事に帰還させることが自分の役割」と強い使命感を持つ。

 ○…横浜市で生まれ、藤沢市で育った。消防士を目指すきっかけは高校2年で経験した母親との死別。家計のためにも早く独立しようと卒業後、消防局に入局した。他の公務員職でも内定を貰っていたが、憧れの存在であった叔父と同じ背中を追いかけ約40年。これまで救助隊、救急救命士として阪神・淡路大震災、東日本大震災でも派遣され、状況下の異なる様々な災害現場での救命救助に尽力してきた。

 ○…野球に熱中していた学生時代。藤沢北高校に進学し、3年の全国高校野球の県大会では県立商工相手に大会史上2人目となる完全試合を達成したバッテリーのキャッチャーだ。入局して同僚に「あの時スタンドで見ていた、なんて出会いもあって」と笑顔を見せる。最近はマラソンが趣味で多い日には40Km走り込むことも。休日は家族でJAの直売所巡りが定番コース。「健康でいることが一番大切だね」

 ○…青葉消防署には2022年に副署長として着任。責任職間でのコミュニケーションを大切にしてきた。そんな環境が隊員とも円滑な関係をつくり、緊急時の連携も進むと考える。今後は「これまでの経験を後進に伝えていきたい」。いつ起こるか分からない災害に備えて経験と知識を生かし、命と暮らしを守り抜く。

保土ケ谷ほっとなまちづくり

こどもたちが自分たちのまちほどがやについて話し合いました

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

綿貫 展久さん

くぬぎ台団地の「木曜市」などに参加し、食を通じた地域活性化に取り組む

綿貫 展久さん

坂本町在勤 52歳

2月22日

家田 昌利さん

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第二次派遣で大隊長を務めた

家田 昌利さん

59歳

2月8日

上野 誠也さん

横浜国立大学大学院の名誉教授で、無人探査機「SLIM」の月面着陸に貢献した

上野 誠也さん

66歳

2月1日

萩原 幸雄さん

第73代(一社)横浜青年会議所の理事長に就任した

萩原 幸雄さん

39歳

1月25日

古謝 樹(こじゃ たつき)さん

ドラフト1位でプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスに入団する

古謝 樹(こじゃ たつき)さん

保土ケ谷区出身 22歳

1月18日

中村 好美さん

2023年度社会福祉功労者に対する厚生労働大臣表彰を受けた

中村 好美さん

新桜ケ丘在住 74歳

1月11日

そのお悩み、相談してみませんか?

相続や不動産、終活の悩みに専門家が対応。松原商店街「まつばらんど」

https://www.tailwind-yokohama.jp/ma2baland/matsubaland/free-consullting/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook