鶴見区版 掲載号:2011年2月3日号
  • googleplus
  • LINE

鶴見にも「伊達直人」 善意のランドセル届く

社会

区役所に新品の赤いランドセルが届いた
区役所に新品の赤いランドセルが届いた

 タイガーの善意、鶴見っ子へ―。漫画「タイガーマスク」の主人公・「伊達直人」を名乗り、児童福祉施設などに寄付をする通称”タイガーマスク運動”が全国的なひろがりを見せる中、鶴見区役所にも1月21日、その”気持ち”が届いた。

区長宛にダンボール

 「伊達直人」の名前で届けられたのは、6個の赤いランドセル。いずれも新品で、大きなダンボールに詰められていたという。

 区によると、ダンボールは、21日14時30分ごろ、区役所3階のこども家庭支援課に、鶴見区長宛の宅配便として業者から届けられた。同課職員が箱を開けると、6個のランドセルだった。中には、ランドセルなどを取り扱う会社が「伊達直人」の代理人と名乗り、「当店ご利用のお客様から委託を受けましたので発送いたします。『未来ある子供たちにプレゼントしてください』とのことです。」というメッセージが同封されていたという。

「気持受け有効活用を」

 区福祉保健センターこども家庭支援課の高橋英夫課長は、「区役所には初めて。善意の動きが広がっているのは素晴らしいこと」と話す。区では現在、今春から入学する子どもを中心に、引き取り先を調整中だ。

 同課は、「せっかくの寄付。なるべく早く、かつ区内でなんとか探したい」としている。

 また、植田孝一区長は、「鶴見区にも伊達直人さんが出現し、驚いている。温かい気持ちを受け止め、有効活用させてもらいたい」とコメントした。

市内でも相次ぐ

 ”タイガーマスク運動”は、今年に入り市内でも相次いでいる。区役所への寄付は旭区、都筑区、緑区で確認されており、他区でも、児童福祉施設や児童相談所、民間児童福祉施設など、子ども関連の施設に多数寄せられている。寄付品もランドセルだけでなく、文房具やマンガ、現金、中には液晶テレビなどもあり、実名や伊達直人以外の名前で贈られたものもあった。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク