鶴見区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

(PR)

介護付有料老人ホーム「アミーユレジデンス小倉」 豊かな生活、積極サポート 見学相談随時・急な入居にも対応

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 「日々が楽しくなった」。施設入所者から喜びの声があがっているのが、昨年12月にオープンした介護付有料老人ホーム『アミーユレジデンス小倉』。オープンから僅か1カ月ながら、すでに半数以上が契約済となっている。

 アミーユレジデンス小倉の満足度の高い点は3つ。生活を豊かにするための手厚いサポートと、医療機関と連動した幅広いケア、そして地域との積極交流だ。

今まで通りを大切に「自分らしさ」支援

 買い物に外食、趣味、習い事など普段通りの生活を大切にする手厚いサポートはアミーユレジデンスの最大の魅力。

 介護付有料老人ホームと言えば、時に安全のため「管理」を重視する施設も少なくない。しかし、アミーユでは「楽しく日々を送ることが、結果的に利用者の健やかさにつながる」と考え、「楽しみ」を最大限サポート。障害や疾患があったとしても、手厚く支援してくれる。また就寝や食事といった1日のスケジュールに関しても個々のライフスタイルに合わせてくれるため、入所後、「自分らしさが戻った」という声も多い。

医療連携のケアで希望を叶える

 24時間体制の介護に加え、医師との連携ケアは心強い。重度の認知症を始め、胃ろうなどの経管栄養、インシュリン、行動障害、お看取りなど幅広い対応が可能。過去には胃ろうだった利用者からの「普通に食事がしたい」という願いに応えようと、医師を交えプランを作り、最終的には家族と一緒に外食ができるまでに回復した例もある。「希望を諦めずに気軽に相談して一緒にかなえたい」と同施設の早川さんは話す。

 医療連携による安心は勿論、豊かに生きるためのケアが充実している。

「我が家」として地域に根付く

 同施設では入所者の我が家となるために地域の一員であることを大切にしている。「入所者の皆さんがご近所で胸をはれるように」という。そのため、地域との交流を積極的にはかり、入所者以外の地域住民でも困ったら気軽に相談できる場所を目指している。その一環として地域の関連事業所との勉強会などを開催。事業者連携で対応力の強化を図っている。

 急な退院や在宅での状態悪化なども即日入居が可能。新施設のため、現在なら新築の部屋が選べるのも嬉しい。

 相談・見学は随時受付。お気軽に問合せを。
 

アミーユレジデンス小倉

〒212‐0054 神奈川県川崎市幸区小倉 5-8-5

TEL:0120-698-033

https://www.amille.jp/home/home/303

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

コロナ禍における歯と口の重要性

新春特別寄稿

コロナ禍における歯と口の重要性

企画/鶴見区歯科医師会

1月1日号

コロナ禍における歯と口の重要性

新春特別寄稿 歯周病対策新型コロナにも

コロナ禍における歯と口の重要性

企画/鶴見区歯科医師会

1月1日号

若者が希望を持てる社会に

意見広告

若者が希望を持てる社会に

モンゴル国立医科大学名誉教授篠原グループ 会長篠原今朝男

1月1日号

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

12月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク