鶴見区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

園児の絵手紙、高齢者宅に 地域で見守る取組開始

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena
イラストを受け取り喜ぶ梶山さん(右)と柿崎さん
イラストを受け取り喜ぶ梶山さん(右)と柿崎さん

 鶴見区はこのほど、一人暮らしの高齢者に区内の保育園児がイラストを描いた「あいねっとレター」を届ける取組をはじめた。子育て世帯をはじめ、地域全体で高齢者を見守ることが目的。配布先からは可愛らしいイラストに、喜びの声が上がっている。

 区内では現在、民生委員らが75歳以上の一人暮らしの高齢者を対象に、定期訪問活動を行っている。あいねっとレターは、その定期訪問の際に配布。名称は健康で住みやすいまちづくりを目標とした区の地域福祉保健計画「鶴見・あいねっと」からとったものだ。

約4千枚 手描きで

 カードには区内52保育園の園児が描いたイラストのほか、インフルエンザ予防啓発といった高齢者に向けた情報も掲載。約4000枚とともに、初回にはカードを飾るフレームも配布しているという。

 2月19日には訪問員の柿崎香代子さんが、市場東中町の梶山ハツエさん(89)を訪問。總持寺保育園の園児が描いた可愛いらしいイラストが届けられた。梶山さんは「すごく上手。玄関に飾っていたら孫に取られてしまいそう」と冗談めかしながら喜んでいた。

 柿崎さんは「子どもが描いたイラストを喜んでくれるのでとてもいい」と日々の定期訪問から効果を実感している。

つながり意識向上へ

 鶴見区でも高齢化は進行しており、約300人の民生委員に対し、定期訪問を受けている75歳以上の高齢者は3610人(2014年3月現在)に上るという。

 区役所福祉保健課の松下功係長は「災害発生時に、民生委員だけでは高齢者を助けきれない。子育て世帯をはじめとした若い世代が、地域のつながりを意識するきっかけになれば」と話している。

 今後はぬり絵や折り紙など形を変えながら、年1回程度配布していくという。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 経済

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

鶴見消防団に大臣感謝状

鶴見消防団に大臣感謝状 社会

団員大幅増が評価

4月2日号

鶴見中央に“まちのリビング”

鶴見中央に“まちのリビング” 社会

市民整備 4月1日から

3月26日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 経済

融資認定832件、31億円超

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

”防災のまち”に大臣賞

市場西中町

”防災のまち”に大臣賞 社会

16年 地道な取組に評価

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク