鶴見区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

生麦「来来軒」1日限定で復活 あのトンカツをもう一度

社会

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena
健在の江口夫妻
健在の江口夫妻

 地元に惜しまれながらも、2012年5月末で閉店した生麦南仲通の「来来軒」のトンカツが、3月29日に生麦地区センターと同地域ケアプラザを会場に行われる春まつりの中で一日限定復活を果たす。

 来来軒は、トンカツと中華料理を扱う店として、1961年から52年間営業。「珍豚美人」(チントンシャン)と呼ばれるトンカツの名店「銀座梅林」でチーフとして働いた店主の江口健治さん(81)が振る舞う味は、地元住民から特に人気だったという。

 復活は地域住民らによる団体「生麦避暑地ネットワーク」が仕掛けたもの。同団体は、2年ほど前から生麦の「地元飯」を調査しており、「来来軒のトンカツをもう一度」という声が多かったと、経緯を説明する。

 江口さんは、閉店後、軽い脳梗塞を患ったこともあり、依頼当初は「断った」と話すが、「まだ声をかけてもらえるのが嬉しかった。健康のためにも、たまには緊張しないとね」と快諾。設備など、江口さんの数々のこだわりも同団体がクリア。地元が愛した味が復活する。限定100食(600円〜)。午前11時半から予約開始となる。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

初の制作展が中止

寺尾中影絵部

初の制作展が中止 文化

生徒の力作 コロナで断念

3月26日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

区内イベント等中止情報

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク