鶴見区版 掲載号:2015年4月2日号 エリアトップへ

鶴館跡地 多世代交流住宅、オープン 市内初 集いの拠点に

社会

掲載号:2015年4月2日号

  • LINE
  • hatena
交流拠点として期待されるココファン横浜鶴見
交流拠点として期待されるココファン横浜鶴見

 鶴見会館跡地=鶴見中央3の19の11=に整備された市内初のよこはま多世代・地域交流型住宅である「ココファン横浜鶴見」が、4月1日にオープンした。事業主は(株)学研ココファン。住民がサークル活動などで活用できる交流スペースも設けられており、同社は「地域の交流拠点となりたい」と意気込む。

 市が推進するよこはま多世代・地域交流型住宅は、子育て世帯を中心とした一般向け賃貸住宅と、サービス付高齢者向け住宅、区民サークル団体などが活用できる交流スペースが一体となったもの。地域の交流拠点としての機能や、高齢者に子育て世帯や地域とのつながりを持ってもらうことで、孤立化を防ぐといった狙いもある。

 建物はRC6階建て。サ高住70戸と一般向賃貸住宅29戸で、子育て世帯と高齢者が同一フロアに住めるよう工夫されている。現在、住居は全て満室という。

 複合施設として、コンビニエンスストアのローソン、学研教室も置かれ、8月にはクリニックと薬局も入る予定。交流スペースには地域とのつながりをコーディネートする専門員が配置される。

 鶴見小学校や鶴見駅から近いという立地に、同社の五郎丸徹代表取締役社長は、「理想的な場所をいただいた。まち全体が活性化するいいモデルとなれば」と気を引き締めていた。

最大100人収容

 交流スペースは総面積304平方メートル。定員約10人から30人までの大小会議室が4室あり、全てをつなげると最大100人まで収容可能。多世代交流や地域交流を目的とした団体などに有料で貸出され、団体は2カ月前、一般利用者は1カ月前に利用者登録が必要となる。貸出は午前9時半から午後8時半。

 鶴見区自治連合会の石川建治副会長は「何かにつけて便利な場所。区民の集いの場として地域に定着してくれたら」と期待を込めた。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

朝ドラ契機 “鶴見力”発信へ

朝ドラ契機 “鶴見力”発信へ 社会

官民学一丸 実行委員会が設立

12月2日号

つくの商店街に「こども食堂」

つくの商店街に「こども食堂」 社会

喫茶ラズベリーが19日から

12月2日号

マスターズ日本記録更新

ザバス鶴見水泳4選手

マスターズ日本記録更新 スポーツ

4×200mフリーリレーで快挙

11月25日号

登録1万人を突破

患者情報共有「サルビアねっと」

登録1万人を突破 社会

施設数100超 神奈川区にも

11月25日号

白幡神社、地域で支えて

ふるさと寺尾実行委員会

白幡神社、地域で支えて コミュニティ文化

清掃・焼き芋企画に80人超

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 社会

横の連携で早期支援へ

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook