鶴見区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

農園付公園が好評 協働区で一般向け企画も

社会

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
農作業にいそしむ利用者
農作業にいそしむ利用者

 この4月に区内初の農園付公園として開園した東寺尾一丁目ふれあい公園が、人気を集めている。同園には住民への畑の貸し出しや、農体験イベントを楽しめる「協働農園」を設置。協働エリアでは今後、収穫祭などの地域開放イベントも企画していくという。

 同園は、横浜市の緑化推進などの取り組みである「横浜みどりアップ計画」の一環として整備された。主に、個人に対し有料で貸し出される13平方メートルの畑(分区園)54区画と、イベント等で地域に開放する105平方メートルの「協働農園」から成る。

 分区園などの農体験施設を持つ公園は市内に7カ所あるが、区内では初めての設置となった。

倍率3倍

 分区園の空きは現在ない。募集時の倍率は3倍に上った。「利用者は農業初心者の方が多い。毎日のように作業に来る人もいる」と管理者は話す。

 上の宮在住の吉田得男さんは、娘や孫と共に畑作業をするのが楽しみになっているという。「家族と過ごすきっかけになっている。力仕事だが家族と一緒なら疲れを感じない」と充実した表情を見せる。

 生麦に住む井田紀明さんは、農作業は初心者ながら、リタイア後の趣味作りにと利用している。「見様見真似で、他の利用者にも教わりながらやっている。知らない人との交流にもなる」と楽しそうに語る。

収穫祭も

 今後は協働農園で育てたトマトやじゃがいもなどの野菜の収穫祭を夏と秋に、また生物観察会やプランター稲作などが予定されている。協働農園の畑作業に参加している東寺尾地域ケアプラザは、「農園の野菜が地域に還元されることで人のつながりが増えていけば」と期待している。

 分区園は1年ごとに更新。最大2年利用可能。来年空きが出れば、募集を実施するという。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

児童虐待防ぐ、啓発企画

児童虐待防ぐ、啓発企画 社会

有志区民ら“オレンジ”広める

10月29日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

10月29日号

無事の証に黄色いカード

豊岡第三

無事の証に黄色いカード 社会

災害時の共助推進へ

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

食ロス削減機運高まる

協力団体を募集

食ロス削減機運高まる 社会

 食品回収場所が増加

10月15日号

分散、密回避で開催へ

生麦de事件まつり

分散、密回避で開催へ 社会

工夫重ね、60店が参加

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク