鶴見区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

自主製品で障害理解PR 障団連が啓発

社会

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
作業所製品を見る来場者
作業所製品を見る来場者

 障害や障害のある人への理解を深める「障害者週間」に合わせ、12月5日から9日まで、区内の地域作業所や地域活動ホームの製品が鶴見区役所で販売された。

 販売会は、毎年障害者週間キャンペーンとして、鶴見区障害児者団体連合会が実施。期間中は、同会加盟団体による、雑貨や食品販売、各団体を紹介するポスター展示などを実施。鶴見駅前での啓発活動も同時開催された。スタッフは、「期間中は多くの人が興味を持って足を止めてくれ、特に食品の売れ行きが好調だった」と話す。

 雑貨を購入した会社員の男性は、「自主製品作りには苦労もあると思う。買い物をすることで、少しでも障害のある人々に協力できれば」と話していた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

どんと焼きで健康祈願

どんと焼きで健康祈願 文化

入船公園 無病息災祈る

1月21日号

見学用菓子を寄付

見学用菓子を寄付 社会

キリン横浜工場 区社協に

1月21日号

歯牙鑑定で身元を特定

歯牙鑑定で身元を特定 社会

鶴大准教授に警察が感謝状

1月21日号

日本一の認定事業を開始

下野谷町在住KIAさん

日本一の認定事業を開始 文化

UA日本記録 既に登録20件

1月21日号

動画で交通安全

動画で交通安全 社会

市、YouTubeで配信中

1月21日号

確定申告25日から開設

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク