鶴見区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

山本院長(とわ助産院)に看護賞 産後の母子支援などに評価

社会

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena
県看護賞に選ばれた山本院長
県看護賞に選ばれた山本院長

 (公社)神奈川県助産師会立とわ助産院=鶴見中央=で院長を務める助産師の山本年映さんがこのほど、第52回神奈川県看護賞を受賞した。同院での母子支援や後進の育成などが評価された。山本さんは「コツコツやってきたことが認められてうれしい」と話す。

 県看護賞は、県内で看護師や保健師、助産師など、専門的な業務で顕著な業績をあげた人を表彰するもの。県民の看護への理解を深めることなどを目的に、1966年からスタートし、今年で52回目となる。

 表彰者は、近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にあたる5月12日の「看護の日」前後に毎年公表される。今年は山本さんを含む10人が選出された。

助産師歴は約30年

 山本さんは内科の看護師を経て、長女の出産を機に助産師に転身。病院の産科やクリニックなどで助産師としての経験を積んだ。

 その中、地域でも活動する先輩助産師との出会いに刺激を受け、行政の母子訪問や母親教室事業などにも参加。院外の活動も精力的にこなした。2009年、同院開設にあたり協力を依頼され院長に就任。約30年、助産師一筋だ。

女性の生涯サポート

 同院は、2013年から市が始めた産後母子ケア事業の委託を受け、年間40〜50件の産後ケア入院を受け入れている。母乳外来は出産した病院に関わらず診るなど、柔軟に対応。産後に子ども連れで参加できるマッサージ教室を企画するといった、地域の拠点となるような産後の母子支援が評価につながった。

 「ワンオペ」と呼ばれる一人育児など、産後ケアを必要としている人は増えているという。晩婚化から高齢出産も増加し、取り巻く環境も変化している。

 「助産師は英語でmidwife。お産だけでなく、女性の生涯をサポートする仕事。お母さんのためになるものがあれば、取り入れていきたい」と山本さん。今後も地域の母たちの声に耳を傾け、地道に活動すると誓っていた。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

全編区内ロケで制作

10月10日号

2年後の開催、白紙へ

鶴見川サマーフェス

2年後の開催、白紙へ 社会

実行委員会が解散

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

ベイジュニアに選出

東台カルテックス島村宏斗さん

ベイジュニアに選出 スポーツ

区内唯一 活躍ちかう

10月3日号

市の歴史的建造物に

大黒ふ頭「赤灯台」

市の歴史的建造物に 社会

区内4例目の認定

9月26日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月26日号

一部を保存、ホテルに

現市庁舎

一部を保存、ホテルに 社会

エンタメ施設やオフィス、大学も

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク