鶴見区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

名もなき拾い主に感謝 落とした”思い出”無事に

社会

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
遺骨入りの小びんとバチカンでもらったコインのキーホルダー(上)、土産物店店主とSさん(下)
遺骨入りの小びんとバチカンでもらったコインのキーホルダー(上)、土産物店店主とSさん(下)

 「落とした家の鍵を警察に届けてくれた人にお礼がしたい」。編集室にそんな電話がかかってきたのは、6月23日のことだった。

 落とし主は、区内在住のSさん(77)。20日に買い物へ出かけた際、落としたのだという。「多分、バス停だと思うの」。Sさんは振り返る。買い物先に連絡を入れたが届けはなく、タクシーでバス停に戻って周囲を探したが、見当たらなかった。

大切なキーホルダー

 大切だったのは鍵ではなく、付いていた二つのキーホルダーだった。

 一つは、昨年4月に亡くした夫の遺骨が入った小びん型のもの。そしてもう一つは、今年4月、喜寿祝いにと娘と二人で出かけたイタリア旅行のとき、バチカン宮殿で土産物店の店主からもらったコイン型のものだ。「店主の方も介護の末にお母さんを亡くされていて、元気なうちに連れて行きたかったと。『楽しい旅行を』とくれたんです」

丸一日ふさぎ込む

 二つとも二度と手に入らない、鍵よりも大切なもの。気が付くところを探しても見つからず、「もうダメだと思っていた」とSさん。落とした翌日は、丸一日ふさぎ込んだ。

 22日、娘から「ダメ元で警察に届けてみたら」と言われ、別所交番に遺失届を提出した。

 「似たものが届いている」。警察から連絡が来たのは、届け出てすぐだった。合鍵で照合し、3日ぶりに無事手元に戻った。

気持ち伝えたい

 「本当に有難かった」。安堵する一方、すっきりしない気持ちも芽生えた。「ただの鍵だけではなかったこと、感謝を伝えたい」。守秘義務があり、伝えられない拾い主の個人情報。手紙を届けてもらえないか――交番に相談すると、「おそらく鶴見の人、タウン紙に相談してみてはどうか」と返ってきたのだという。

 「届くかわかりませんが、本当に感謝しています」。深い謝意を示したSさん。「警察の方には、『旦那さんも家に帰りたかったんじゃないか』って言われたの」。そう言って笑った。

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter