鶴見区版 掲載号:2017年12月7日号 エリアトップへ

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える あっとほーむデスク 12月7日0:00更新

  • LINE
  • hatena

 「現場に立つと、昔の暮らしが見えてくる。以前起こった楽しいことや悲しいことに思いを馳せるんです」。人物でご紹介した寿徳寺の廣瀬良弘住職は、研究で多くのお寺を回っており、本当に知識が豊富。

 お寺は昔、罪を犯してしまった人が訪れる裁判所のような役割を担っていたり、鎌倉や群馬県の方には「駆け込み寺」と言われる、夫へ離縁を伝えることができない妻たちの逃げ場があったという。

 供養や法事はもちろんだが、昔のように様々な面でお寺の役割が広がっていくことを期待したい。

(勝山)

鶴見区版のあっとほーむデスク最新6

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月28日18:48更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月28日18:21更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月8日15:42更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月25日21:27更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月17日20:51更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月15日14:18更新

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク