鶴見区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

聖ヨゼフ学園小学校 バカロレアに認定 日本の小学校で初

文化

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
同校の授業の様子
同校の授業の様子

 東寺尾の聖ヨゼフ学園小学校(荒屋勝寿校長=人物風土記で紹介)がこのほど、国際水準の教育プログラムを実施する「国際バカロレアPYP校」の認定を受けた。日本の小学校としては初めて。認定を受け同校は、ユニバーサルな思考を自ら持てる人材育成を目指すとしている。

 国際バカロレア(IB)はスイスのジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する教育プログラム。そのうちPYPは3歳から12歳までを対象とし、精神と身体の両方を発達させることを重視したもの。実施するには機構の認定が必要となる。

 IBプログラムは2017年6月1日現在、世界140以上の国・地域、4846校で行われている。PYPの実施は日本で22校のみ。インターナショナルスクールがほとんどで、一条校の小学校としては初めての認定。

 聖ヨゼフ小学校は、信・望・愛を校訓とし、来年度で創立65年を迎える。

 もともとの教育を活かし、より良くするための研究を重ねる中で、同校の教育方針とIBの使命が一致していることに注目。2014年から勉強会をスタートさせ、翌年には探究型概念学習を全学年で導入。2016年の3月に候補校としての認定を受けた。

教えない授業

 IBのプログラムは先行きの見通しが困難な時代に、どのような場所、どんな状況にあっても自身で未来を切り拓くことができる人となることを目指すもの。

 同校が具体的に導入するのは「探究型概念学習」という授業。「私たちは誰なのか」「私たちはどのような時代と場所にいるのか」などの6つをテーマに6教科(言語・社会・算数・芸術・理科・体育)を学びながら、それぞれが自分たちの答えを導き出す。

 荒屋校長は「これから児童らに必要なのは知識の量ではなく、知識を使い、応用し、正しいことを見つけ出す力」とし、「探究の授業は”教えない授業”。教諭が答えを児童と一緒に考え、その子なりの最善の答えを引き出すこところに特徴がある」と語る。

 次年度には「エキシビション」という家族・地域住民などを招待して学習の集大成を発表する場を設ける予定という。

鶴見区版のトップニュース最新6

校舎窓に手作りエール

鶴見小学校

校舎窓に手作りエール 教育

休校中にもつながりを

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

アマビエグルメで疫病退散

アマビエグルメで疫病退散 文化

区内女将ら 限定販売

5月21日号

外国人世帯に食糧品配布

ABCジャパン

外国人世帯に食糧品配布 社会

コロナ禍で解雇なども

5月21日号

被害額県下ワーストに

区内振り込め等

被害額県下ワーストに 社会

給付金詐欺にも警鐘

5月14日号

昼食で一人親を支援

昼食で一人親を支援 経済

楽匠 顧客に恩返し

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク