鶴見区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

聖ヨゼフ学園小学校 バカロレアに認定 日本の小学校で初

文化

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
同校の授業の様子
同校の授業の様子

 東寺尾の聖ヨゼフ学園小学校(荒屋勝寿校長=人物風土記で紹介)がこのほど、国際水準の教育プログラムを実施する「国際バカロレアPYP校」の認定を受けた。日本の小学校としては初めて。認定を受け同校は、ユニバーサルな思考を自ら持てる人材育成を目指すとしている。

 国際バカロレア(IB)はスイスのジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する教育プログラム。そのうちPYPは3歳から12歳までを対象とし、精神と身体の両方を発達させることを重視したもの。実施するには機構の認定が必要となる。

 IBプログラムは2017年6月1日現在、世界140以上の国・地域、4846校で行われている。PYPの実施は日本で22校のみ。インターナショナルスクールがほとんどで、一条校の小学校としては初めての認定。

 聖ヨゼフ小学校は、信・望・愛を校訓とし、来年度で創立65年を迎える。

 もともとの教育を活かし、より良くするための研究を重ねる中で、同校の教育方針とIBの使命が一致していることに注目。2014年から勉強会をスタートさせ、翌年には探究型概念学習を全学年で導入。2016年の3月に候補校としての認定を受けた。

教えない授業

 IBのプログラムは先行きの見通しが困難な時代に、どのような場所、どんな状況にあっても自身で未来を切り拓くことができる人となることを目指すもの。

 同校が具体的に導入するのは「探究型概念学習」という授業。「私たちは誰なのか」「私たちはどのような時代と場所にいるのか」などの6つをテーマに6教科(言語・社会・算数・芸術・理科・体育)を学びながら、それぞれが自分たちの答えを導き出す。

 荒屋校長は「これから児童らに必要なのは知識の量ではなく、知識を使い、応用し、正しいことを見つけ出す力」とし、「探究の授業は”教えない授業”。教諭が答えを児童と一緒に考え、その子なりの最善の答えを引き出すこところに特徴がある」と語る。

 次年度には「エキシビション」という家族・地域住民などを招待して学習の集大成を発表する場を設ける予定という。

鶴見区版のトップニュース最新6

70歳祝いで式典

やよいヶ丘幼稚園

70歳祝いで式典 教育

卒園児4千人 地域とともに 

3月4日号

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

3月4日号

鶴見銀座にマスコット誕生

鶴見銀座にマスコット誕生 社会

鶴小児童が制作

2月25日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

2月25日号

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ

【WEB限定記事】

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ 社会

事業費 前年55万増1億970万円

2月18日号

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少

【WEB限定記事】横浜市鶴見区

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少 社会

過去10年平均は依然ワースト 「さらなる努力必要」

2月18日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小さな盆栽展 16日まで

鶴見銀座木曽屋

小さな盆栽展 16日まで

建替閉店セールに合わせ

3月4日~3月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク