鶴見区版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

ローリングバレーにこにこ会 全国の強豪破りV 出場2チームが優勝

スポーツ

にこにこ会のメンバー
にこにこ会のメンバー

 障害者と健常者がともにプレーするローリングバレーボールで、区内を拠点に活動する「にこにこ会」(岩崎捷利会長)がこのほど、藤沢市で開かれた神奈川交流大会で優勝を果たした。

 神奈川交流大会は、兵庫や千葉の代表など、全国から約11チームが参加する大きな大会。レベル別にA・Bブロックに分かれている。

 同会は2チームに分かれて出場し、「にこにこブルー」は3連覇、「にこにこツルミ」は昨年3位という雪辱を晴らし、優勝を掴んだ。

 ローリングバレーボールは障害者のために考案されたスポーツ。バレーボールのルールを基本としているが大きく異なるのはネットの高さ。床上30cmに設置されているため、選手はコートに膝をついた姿勢で、ボールを転がしながら競技する。肢体が不自由な障害者も健常者と大差なくプレーができる。

 にこにこ会は、1996年に結成。現在は、脳卒中などで身体にマヒのある30代〜70代までの11人のメンバーが所属し、毎週木曜日に活動している。

 練習は矢向のボランティア団体「マロニエ」(小林忠男会長)のメンバーがサポート。時には健常者として試合に参加しながら、一緒に活動を行っている。

誰よりも強い球

 両チーム順調に駒を進め、にこにこブルーの決勝戦の相手は強豪の兵庫代表。以前、勝利したことはあったが、相手のエース不在などハンデがあったという。「正直、善戦できれば良いくらいに思っていたが、皆の勝ちたいというイメージが本当に強かった」とキャプテンの藤田健二さん。

 岩崎会長は「会場には藤田さんより強い球を打てる人はいなかった」と話し、「マロニエさんや支えてくれるみなさんのおかげ。本当に嬉しい」と喜んだ。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

看護学校で弁当など販売

区障団連「鶴っこ」

看護学校で弁当など販売

7月19日号

区内12校で不適合ブロック

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

ハス「近年で一番」

馬場花木園

ハス「近年で一番」

7月12日号

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月5日号

田祭り演者2人に県表彰

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日本の伝統芸能一堂に

日本の伝統芸能一堂に

邦楽連盟が演奏会 22日に

7月22日~7月22日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク