鶴見区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

街の歯医者さんが教える 歯とお口の話 Vol.【12】「学校歯科医とかかりつけ医の役割」

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena

 子どもたちに「歯を磨くと気持ちいい」と感じてほしい――前回のコラムで、将来に向けた「呼吸、話す、噛む機能を獲得、維持する」ためには、小学6年間の過ごし方がとても大切ですと書きました。以前は「歯磨きの仕方」や「磨きましょう」と習慣づけを指導することが一般的でしたが、現在は参加型健康学習へと変わってきています。

「気持ち良い」習慣化を

 そもそもなぜ歯磨きをする必要があるのかということを子どもたち自身に考えてもらい、「歯を磨くと気持ちいい」ということを感じて、そこから私たちがサポートをしていくことが大切だと感じています。

 「気持ち良い歯磨き」が習慣化することで、将来にわたり継続的に健康な生活を送れるようになると考えています。

 虫歯や歯周症などで噛めない、食べられないことから体力が落ちたり、お口のニオイが気になることで話すのをためらったりと、口腔機能や心身機能の低下を起こしたりするフレイル(虚弱)が大きな問題になっていますが、こうした就学時のサポートが学校歯科医、かかりつけ医の役割と考えています。

 これからも鶴見区歯科医師会は、子どもたちと区民の皆さんの歯と口の健康をサポートしていきます。
 

鶴見区版のコラム最新6

白髪アレコレ

髪のお悩み 解決コラム【3】

白髪アレコレ

〜自分で白髪染めすると黒くなるのはなぜ?〜

10月17日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

鶴見の発展を願い迎えた大本山總持寺

鶴見と總持寺第1回

鶴見の発展を願い迎えた大本山總持寺

ともに歩んで百余年 鶴見歴史の会 齋藤美枝

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

白髪アレコレ

髪のお悩み 解決コラム【2】

白髪アレコレ

〜全体染めのタイミングって?〜

9月19日号

プリンス電機㈱

環境や社会に取り組む施設、機器用照明の専門メーカー

http://www.prince-d.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク