鶴見区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

FCV乗車を体験 キリン工場で1日

社会

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
FCVハイヤーと水素ステーション(右奥)
FCVハイヤーと水素ステーション(右奥)

 神奈川県は、究極のエコカーと言われる燃料電池自動車(FCV)の乗車体験を8月1日、キリンビール横浜工場・ウェルカムゲート付近=生麦1の17の1=で行う。同工場、東宝タクシー(株)が協力。

 FCVとは、水素を燃料とし、燃料電池が作る電気を利用して走るため、排出されるのは水蒸気のみという環境にやさしい自動車。県は、水素を製造・供給する「再エネ水素ステーション」を同工場の敷地内に設置し、水素エネルギーの普及促進に取り組んでいる。イベントは、省エネルギー総点検の日に合わせ、より多くの人にFCVや水素の魅力を知ってほしいと企画した。

 当日は、FCVハイヤーでJR鶴見駅から横浜駅間、京急鶴見駅から横浜駅間のいずれかの駅まで、県公用車FCVでは生麦駅または新子安駅まで無料送迎を行う。対象者は抽選。参加するには、当日イベント会場で応募用紙を抽選箱に投函。

 問い合わせは県産業労働局産業部エネルギー課/郷家さん【電話】210・4102または笠井さん【電話】210・4133。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見区 5年で1・2万人増

鶴見区 5年で1・2万人増 社会

国勢調査、市速報を発表

4月15日号

初の健康遊具

三ツ池公園

初の健康遊具 社会

背のばしベンチ2基設置

4月15日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 教育

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月15日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter