鶴見区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

(PR)

探究の時間ってなあに? 【2】 聖ヨゼフ学園小 無声劇で他者視点を学ぶ しぐさや表情の重要性を知る

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
無声劇で桃太郎の鬼退治を表現
無声劇で桃太郎の鬼退治を表現

 聖ヨゼフ学園小学校で行われている探究の時間は、「自分で考える力」を養うため、教師が教えるのではなく児童自らが答えを導き出す。国際的なプログラムを実施するバカロレア(IB)認定校ならではの学習法だ。

 2年生76人は、「私たちは自分をどのように表現するのか〜カラダは口ほどにものを言う〜」をテーマとし、ジェスチャーゲームや日常の自分たちの動画を撮り、振り返ることで、自分の視点だけではなく、他人から自分がどのように見られているかを学んできた。その集大成として、7月18日、桃太郎や大きなかぶ、浦島太郎などの物語を無声劇で行う発表を行った。

自分を俯瞰(ふかん)で見る

 当日は、8つのグループに分かれて発表。保護者も参加し、児童らの発表が何の物語だったのかあてる形式で進められた。

 桃太郎を演じたグループは、鬼とイヌ、サル、キジ役に分かれ、戦うしぐさを見せることで言葉を使わずに物語を上手く表現した。一方、ヘンゼルとグレーテルを題材にしたチームは場面を切り取り、状況を表現するのに苦戦している様子だった。発表を終え、8割程の保護者は児童らの発表をあてることができた。児童らは「表情やしぐさの方が言葉よりも先に伝わる」などと振り返り、自分の行動で他人がどう感じるかを学んだ。

 PYPコーディネーターの齋藤真実教諭は「低学年は、自分中心の世界から少しずつ広がっていく時期。周りを見て、自分を俯瞰して見られるようになってほしい。他人の気持ちを知り、次はそれを認められるようになれば」と話した。

■聖ヨゼフ学園小学校(東寺尾北台11の1)【電話】581・8808
 

ヨゼフ

鶴見区東寺尾北台11の1

TEL:045-581-8808

https://www.st-joseph.ac.jp/primary/

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

祝日診療を推進

東部病院インタビュー

祝日診療を推進

「地域中核の責務果たす」

4月15日号

弁護士らによる無料相談会

4月18日(日)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 ミューザ川崎シンフォニーホール

4月8日号

春のナイター競輪を楽しもう

4/8(木)・9(金)・10(土)・11(日)川崎ケイリン

春のナイター競輪を楽しもう

4月8日号

エアコン清掃は今

エアコン清掃は今

ダスキン東寺尾 プロの技術人気

4月8日号

こどもタウンニュースよこはま版

築40年のテナントが新築同様に

築40年のテナントが新築同様に

信頼の一級建築士がいる工務店

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter