鶴見区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

東台カルテックス島村宏斗さん ベイジュニアに選出 区内唯一 活躍ちかう

スポーツ

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
意気込みを語った島村選手
意気込みを語った島村選手

 区内少年野球チーム・東台カルテックスの島村宏斗選手(12)がこのほど、区内で唯一、横浜DeNAベイスターズのジュニアチームのメンバーに選出された。島村さんはメンバーとして、12月の「NPB12球団ジュニアトーナメント」に出場する。

 ベイスターズジュニアは、毎年12月にプロ野球12球団のジュニアチームが競う「NPB12球団ジュニアトーナメント」へ出場するために結成されるもの。監督はベイスターズOBの鈴木尚典さんが務め、3年前には優勝を成し遂げている。

 今年のセレクションには県内外から802人が挑戦。島村さんは、4次にわたる選考を見事通過し、最終16人の精鋭メンバーに選ばれた。同チームからは4人目の選出になるという。

 4年生からベイジュニアを目ざしていたという島村さんは、最終選考のレベルの高さを振り返りながら、「難しいと思っていたので、正直おどろいた」と合格を告げられた感想を語った。

速球持ち味の投手

 兄の影響で小学3年生から野球を始めたという島村さん。左投げ左打ちでポジションは投手。東台ではエースとしてチームをけん引する。

 持ち味はストレートの速さ。遠投74mという肩の強さを持つ。東台の丸山員由監督は、冬場のトレーニングで体格が良くなったとしつつ、「プレーに力強さがある。オールラウンドで活躍できる」と評価。毎日、自主的に素振りを欠かさないというバッティングにも太鼓判を押す。

 すでにベイジュニアチームの練習に参加しており、練習試合でも登板。一番手を狙う。夢はプロ野球選手という島村さんは、「選考に落ちてしまった人たちの思いも背負って、精一杯がんばりたい」と、3年ぶりの優勝に向け活躍を誓った。

鶴見区版のトップニュース最新6

利用者の居場所を開設

末吉介護事業所団体

利用者の居場所を開設 社会

”顔の見える”地域へ

12月5日号

時代切り開き50年

鶴視協

時代切り開き50年 社会

生きやすい社会へ尽力

12月5日号

第8分団、東芝が最優秀

横浜市消防大会

第8分団、東芝が最優秀 社会

小型ポンプで初のアベック

11月28日号

相鉄・JR 直通線30日 開業

相鉄・JR 直通線30日 開業 社会

市西部から都心へ利便性向上

11月28日号

「生麦事件」テーマに新企画

「生麦事件」テーマに新企画 社会

地元商店街 旧東海道とも連携

11月21日号

古民家エリアが誕生

馬場花木園

古民家エリアが誕生 文化

23日に開園 1.6倍に拡張

11月21日号

国交大臣賞の栄誉

キリン緑地

国交大臣賞の栄誉 社会

「今後の模範」と高評価

11月14日号

10/4家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク