鶴見区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する 毎川 直也さん 大田区在住 32歳

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena

都市湯治で日常にヒントを

 ○…入った風呂は800軒以上、東京の浴場で1日中働く忙しい毎日を送り、沸かす側としても右に出るものはいない「風呂デューサー」。数々の湯治場を訪れ、辿り着いた湯治の真髄「湯我の境地」の感覚を都会で味わってもらうため、都市湯治と題し、イベントを企画。「肩書は自分で考えました」と丁寧な口調にはにかむ笑顔が印象的だ。

 ○…久々に銭湯に行き、店ごとの個性に魅了されて夢中になったのは大学の頃。その後、銭湯、スーパー銭湯、温泉宿、3つの裏側を知れば何かが見えてくるはずと東京のスーパー銭湯の立ち上げ、銭湯の番頭、鳴子温泉の温泉宿の客室に住み込みで働いた。全国を回る湯漬けの日々。地方に行った際には、車に食料を積み、移動中に食べるほど時間を切り詰め、1日10件の湯を巡った。「ネガティブだった自分の思考を単純に、プラスに考えられるようにしてくれたのが湯だった」。見えてきたのが湯治の本質として自身が「湯我の境地」と呼ぶ思考法。「入浴してぼーっとしている時は余計な事を考えられなくなる。自分の人生を見直し、日常のヒントを得られる」 

 ○…1歳の息子のパパ。休みの日は家族でコストコへ。「家では一緒に犬ごっこして遊んでます」という溺愛ぶり。自然と親子での利用しやすさなどの視点でも銭湯を見るように。「今はオムツが取れないけれど、いずれは息子と行きたい」

 ○…「自分との対話を意識すれば、湯治は近隣の銭湯でも味わえる。都市湯治を広めるのは自分の役目」。イベントは東京にも広げ、手伝う学生にも考え方を伝えている。「忙しい現代人が自分らしく生き、より良い日常を過ごすために、湯治という手段が救いの一つだと本気で思う」。現代人の応援の思いを込め、都市湯治を広めていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

渡邊 浩さん

矢向地区連合町内会や社会福祉協議会などの会長を務め、地域のため奔走する

渡邊 浩さん

矢向在住 73歳

11月25日号

大野 慶太さん

様々なアイデアでまちに貢献する東宝タクシー(株)の代表取締役社長

大野 慶太さん

鶴見中央在勤 44歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

古木 嘉夫さん

(一社)神奈川県警親会鶴見支部の相談役であり、現役最年長

古木 嘉夫さん

馬場在住 96歳

11月4日号

慶野 未来さん

珈琲専門店山百合を受け継ぎ、修行を積む

慶野 未来さん

鶴見中央在勤 25歳

10月28日号

横溝 常之さん

宝泉寺の住職を務める

横溝 常之さん

菅沢町在住 53歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook