鶴見区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える あっとほーむデスク 2月6日0:00更新

  • LINE
  • hatena

 映画は好きな方だが、監督なる人は一体どんな思考をして台本を書くのか気になっていた。今号で紹介した塩田さんは「普段から考えていることや単に好きだったことが線になる」という。特別なことではない、日常から感動を作る技術はまさに才能だ。  (勝山)
 

鶴見区版のあっとほーむデスク最新6

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月28日18:48更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月28日18:21更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月8日15:42更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月25日21:27更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月17日20:51更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月15日14:18更新

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク