鶴見区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

横浜市粗大ごみ 機能拡充し収集申込可能に AI活用したチャットボット

社会

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
AIが画像を識別し手数料を知らせるチャット画面
AIが画像を識別し手数料を知らせるチャット画面

 横浜市は3月上旬から人に代わりロボットが対話形式で案内を行うシステム「チャットボット」を活用した粗大ごみの受付の機能を拡充した。

 粗大ごみの申し込みに関しては電話やインターネットなどで受け付けるとともに人工知能(AI)などを活用し、チャット上で粗大ごみの手数料を名前で調べたり、手数料を画像で調べる、有人オペレーターに相談できるサービスを昨年中に導入。しかし、収集を希望する場合には改めて、電話やインターネットなどで申し込みが必要だった。

 3月からは既存のサービスに加え、粗大ごみの最短収集日や最短搬入日を調べられるほか、申し込みや申し込み内容の確認・変更・取り消しをする機能が追加された。

キャラクターと会話しながら

 チャットボットは24時間365日、利用可能。市ホームページから「横浜市 粗大ごみ」と検索し開いたページ内にある「チャットでの問合せ・申込みはこちら」部分をクリックするとシステムが起動する。

 スマートフォンでも利用することができ、チャットボットキャラクター「ミーオ」と会話しながらAIが画像を識別して、粗大ごみの手数料を案内するほか、手数料の確認など、問い合わせから申し込みまでをひとつのチャット画面で完結させることが可能になった。

225品目を判別

 例えば、粗大ごみとして搬出したいものが「姿見」(手数料200円)なのか「鏡台」(同500円)なのか分からない場合、写真を撮影しチャットで送信するとAIが画像を識別し、正しい品目と手数料を案内。画像の判別品目は225にのぼるという。

 担当課では「これからの引っ越しシーズンなどで活用いただければ」と話している。問い合わせは市資源循環局業務課【電話】045・671・3815へ。

鶴見区版のローカルニュース最新6

希望の花火、鶴見でも

【Web限定記事】横浜市鶴見区

希望の花火、鶴見でも 社会

コロナ収束願う一斉企画 總持寺が会場に

6月4日号

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

フェイスシールドで支援

【Web限定記事】横浜市鶴見区

フェイスシールドで支援 社会

区内NPO 医療機関にフレーム提供

6月4日号

オンライン上で写真展

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンライン上で写真展 文化

サルビアホール 作品募集中 

6月4日号

美味しい鮮魚もドライブスルー

所属委員会が決定

県議会

所属委員会が決定 政治

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク