鶴見区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

總持寺 激励と感謝込め、大輪75発 密避け”サプライズ花火”

社会

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
大祖堂の銅板屋根を照らす花火
大祖堂の銅板屋根を照らす花火

 大本山總持寺で7月16日、今年2度目となる花火が上がった。密を避けるためサプライズとなった大祖堂裏の駐車場。約10分間で計75発。盆供養、コロナ禍の区民への激励、医療従事者への感謝、そして7月豪雨被災地への慰霊の意味を込めた。

 6月、「全国一斉悪疫退散祈願Cheer up!花火プロジェクト」と題したサプライズ企画に参加した際は、勝手連として賛同。今回は、總持寺として主催した。

 毎年7月17日から19日の3日間実施される恒例企画「み霊祭り」が、今年は新型コロナの影響で中止となった。祭りでは毎日最後に花火が上がっていた。

 「今年はみ霊祭りの花火もない。コロナや豪雨で苦しんでいる人がいる中、せめて少しでも」。そんな思いで、寺独自のサプライズ花火を実現させた。

元気届ける

 打ち上げを担当したのは、(株)ハナビヨコハマ=港北区。例年、み霊祭りの花火を担当している縁があった。

 「總持寺さんから話をもらい、気持ちを粋に感じた」と、代表取締役の高橋光久さん。新型コロナの影響で花火大会の中止が相次ぎ、収入は9割減った。年内は県内での打ち上げ予定はゼロだという。

 打ち上げ終了後、近隣住民から拍手と「ありがとう」という御礼の声が聞こえると、高橋さんは「冥利につきる」と笑顔だった。

鶴見区版のトップニュース最新6

70歳祝いで式典

やよいヶ丘幼稚園

70歳祝いで式典 教育

卒園児4千人 地域とともに 

3月4日号

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

3月4日号

鶴見銀座にマスコット誕生

鶴見銀座にマスコット誕生 社会

鶴小児童が制作

2月25日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

2月25日号

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ

【WEB限定記事】

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ 社会

事業費 前年55万増1億970万円

2月18日号

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少

【WEB限定記事】横浜市鶴見区

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少 社会

過去10年平均は依然ワースト 「さらなる努力必要」

2月18日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小さな盆栽展 16日まで

鶴見銀座木曽屋

小さな盆栽展 16日まで

建替閉店セールに合わせ

3月4日~3月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク