鶴見区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

バス停2カ所「最も危険」 国調査 区内32カ所に判定

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
停車時、車体後部が信号のない横断歩道にかかる「神明社前」(鶴見駅西口方面)のバス停
停車時、車体後部が信号のない横断歩道にかかる「神明社前」(鶴見駅西口方面)のバス停

 横断歩道や交差点の近くに設置されるなど交通事故を誘発する恐れのある「危険なバス停」について、国土交通省が全国のバス停を対象にした調査結果をこのほどまとめた。鶴見区内には、対策の優先度を示すABCの3段階で最も危険なA判定が2カ所あった。

「神明社前」と「北寺尾」

 2018年、横浜市内のバス停で横断歩道をまたいで停車するバス後方から道路を横断した小5女児がはねられて死亡した事故を契機に、バス停の設置位置が問題となっていた。

 今回の調査は国交省が19年末から続け、事故現場のようにバスが横断歩道をふさぐ位置に停車するバス停などを抽出。危険度の高い順にABCの3段階で判定した。

横断歩道に車体など

 鶴見区内でA判定(過去3年以内に停車したバスが要因となる人身事故が発生、または停車時に横断歩道に車体がかかる)となったのは、いずれも川崎鶴見臨港バスの「神明社前」(鶴見駅西口方面)と「北寺尾」(綱島駅方面)の2カ所だった。

 また、停車したバスが交差点にかかる、または横断歩道の前後5メートルの範囲に停車したバスがかかる停留所のB判定は、横浜市交通局の「安養寺前」(鶴見駅方面)など6カ所。

 それ以外の危険性があるC判定は、同局「東高校前」(鶴見駅方面)など24カ所に上った。

早期対策は困難

 調査を行った関東運輸支局の担当者は、「危険な場所から対応するが、関係機関との調整があるためすべての停留所をすぐに改善するのは難しい」と話す。

 今後は県警やバス事業者などと連携し、安全面から優先すべきと判断したバス停周辺にガードレールを設置したり、注意喚起の看板を設置したりして対策を進める予定という。

 県内では、A判定27カ所、B判定370カ所、C判定335カ所だった。市内でA判定を受けたバス停は鶴見区の2カ所のほか、中区の2カ所のみだった。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

空手全国3位に

鶴見在住吉田さん

空手全国3位に スポーツ

初出場で快挙 

6月17日号

ユニフォーム海外へ寄付

サッカーチーム下野谷レッグス

ユニフォーム海外へ寄付 スポーツ

善意の75組 ネパールへ

6月17日号

緑化活動で大臣賞

みどりのルート1をつくる会

緑化活動で大臣賞 社会

“沿道里山”実現へ尽力 

6月10日号

配信授業システム稼働

鶴見大図書館

配信授業システム稼働 教育

「学校にいる安心感ある」

6月10日号

電気ごみ収集車普及へ協定

新明和工業(株)

電気ごみ収集車普及へ協定 社会

厚木市、三菱ふそうと

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter