鶴見区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

証明書発行 市、オンライン申請を導入 時間・場所問わず可能に

社会

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は9月1日から住民票の写しや戸籍証明書などのオンライン申請を開始した。申請・受取ともに区役所に来庁せず、24時間どこでも申請できる。申請にはマイナンバーカードが必要。市は、行政手続きのオンライン化を進め、窓口サービスの向上を図るほか、同カードの交付促進にも繋げる狙いだ。

 オンライン申請はマイナンバーカード、同カードに対応したスマートフォン、クレジットカードが必要。専用アプリをダウンロードすることで申請ができ、申請書類は、1週間程度で郵送される仕組みだ。

 マイナンバーカードによりネット上での本人確認が可能になったことで導入されたサービスで、これに先駆けて17年1月にコンビニ交付が始まっている。オンライン申請では、市外在住者も戸籍証明書取得が可能になるなど、申請できる証明書の種類がコンビニ交付よりも増えたほか、24時間場所を問わず申請ができるようになった。

混雑緩和に期待

 区役所に来庁せず各証明書の申請・受取ができる選択肢が増えたことで、市窓口サービス課は転出・転居者が集中する3月、4月など繁忙期の窓口混雑の緩和に期待する。また、同カードを活用することで、申請に必要な項目の一部が自動入力されるため、手間の軽減や記入間違い防止などにより業務の効率化にもつながるという。

交付状況は約4割

 オンライン申請を進めるには、マイナンバーカードの普及が要になるが、総務省が公開する9月1日時点での同カードの交付状況は全国平均で37・6%、横浜市は40・8%。交付開始から5年が経つが、4割ほどにとどまる。その要因として、運転免許証など身分証明書が他にあるため、取得する必要性が感じられないなど同カードに対するメリットの弱さが指摘されている。

 そこで市は、9月からイオンとイトーヨーカドーと連携し市内4店舗内で申請書記入支援など申請サポートを開始。同カードの交付を促進する市の担当者は「取得するメリットを市民に知っていただき、交付促進に繋げていきたい」と話す。

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に臨海フェス

区内2連合会

独自に臨海フェス 社会

「コロナだからこそ」と企画

10月21日号

卒業生の著書コーナー新設

県鶴図書室

卒業生の著書コーナー新設 教育

「生徒の刺激に」 120冊

10月21日号

新人4氏が議席争う

衆院選神奈川3区

新人4氏が議席争う 政治

小此木氏辞職で現職不在

10月14日号

交流促進にシールラリー

矢向・市場地区

交流促進にシールラリー 社会

コロナでも活動模索 29日に

10月14日号

ブレイキン関東甲信越でV

ワープス竹中さん、間瀬さん

ブレイキン関東甲信越でV スポーツ

五輪へ続く大会に臨む

10月7日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook