鶴見区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

施設等は休止せず 市 まん防期間の対応発表

社会

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は20日、神奈川県全域に1月21日から2月13日まで「まん延防止措置」が適用されたことを受け、期間中の市民利用施設などの対応を発表した。

 発表によると、市民利用施設、保育所、市立学校などは原則開所、継続するとし、休止はしない。対応は以下の通り。

【市民利用施設等(地区センター等)】▽感染防止対策を徹底した上で運営▽措置期間中に利用予定のあった予約キャンセルは無料(事前納付分は全額返金)▽市主催の会議・イベントは原則として縮小または中止(延期)を検討

【保育所等】▽感染防止対策を徹底し原則開所▽家庭での保育が可能な場合は利用を控えるよう協力依頼▽登園しなかった日数分の利用料の返還

【市立学校】▽学校教育活動を継続▽室内で行う合唱等、感染リスクの高い活動の一時停止▽宿泊を伴う修学旅行や県外を目的地とした校外行事の延期、中止または内容変更▽部活動の活動日数の制限、公式大会を除く他校との試合等の自粛▽高等学校は始業時刻を遅らせる時差通学、短縮授業を実施▽特別支援学校は時差通学短縮授業等、各校の実情を踏まえて対応

 山中竹春市長は、第6波の渦中にあることに触れ、「今一度、基本的な感染防止策を徹底し、対策がされていない飲食店の利用や、県境をまたぐ移動を控えてください」とコメント。

 また市は、コロナワクチンの3回目接種のさらなる前倒しを実施するとしており、一般高齢者は1月31日から、64歳以下は2月下旬から開始するとしている。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

所属委員会決まる

横浜市会

所属委員会決まる 政治

任期1年 議案など審議

5月19日号

仲通で田植え体験

仲通で田植え体験 社会

盛り上げ隊が子ども向けに

5月19日号

活動報告をデジタル化

市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

横浜大空襲から平和学ぶ

横浜大空襲から平和学ぶ 社会

関内ホールで戦争展

5月19日号

幸福実現党から壹岐氏

参院選神奈川選挙区

幸福実現党から壹岐氏 政治

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook