鶴見区版 掲載号:2022年3月24日号 エリアトップへ

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える あっとほーむデスク 3月24日0:00更新

  • LINE
  • hatena

 思いが深いほど、書くのに時間がかかる。締切のある仕事。本来ならば時間をかけずにやるべき部分もあるが、取材で物語にふれるたび、余すことなく書きたいと思いがあふれる。特に、書き出し。何度、カッコつけようとして転んだことか。

 今回も悩みに悩んだが、書き出しはやはりこれだろう。

 「鶴見が好き」である。

 着任当初、駅ビルはカミンだった。東口には雑居ビルが建ち並び、西口の駅前は自転車であふれていた。新しくできた建物、無くなったもの。出会った人もいれば、支え応援してくれた人との別れもあった。細かく挙げればきりがなく、思い出と一言で片付けるにはあまりに長すぎる月日かもしれない。

 この春、タウンニュースの浜田は鶴見から異動することとなりました。たくさん伝えたい気持ちはあれど、まずは一つ、心から大きな感謝を。そして、紙面を通じての挨拶となってしまった皆様に、心よりのお詫びを。

 「いい意味で雑多」。鶴見のことを聞かれたとき、必ずそう伝えていたまち。タウンニュースの記者という立場で、さまざまな場面を体験できたこと、幸せでした。

 「まちのため」を胸に約15年。たくさんの感謝をもらう反面、きっと期待に添えなかったことも多くあったと、反省も山ほど。私の担当は次号で最後。でも発行は続きます。変わらずにご愛読、そして応援を、どうかお願いいたします。浜田

鶴見区版のあっとほーむデスク最新6

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月7日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

3月31日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

3月24日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

3月3日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

2月3日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

1月1日0:00更新

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook