神奈川区版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

アナゴ漁で大家族を養っている 谷 正則さん 子安通在住 51歳

子安浜のビッグダディ

 ○…入江川河口は子安浜と呼ばれる江戸時代から続く漁師町だ。一昔前はシャコ漁で賑わっていたが、現在はアナゴがメーン。江戸前の中でも、子安産は格別。「身に脂がのっているので、値が張っても買いたい」と市場価値は高い。暖かくなる今が旬。週2回、息子2人と長さ90cmの仕掛け「アナゴ筒」を630本も引き上げる。「最近は、1回で約130kgの水揚げ量だ」と豪快に答えるが、大震災前は450kgを記録したこともある。「去年はまったく獲れなかった。やっと持ち直してきたな」

 ○…漁師の5代目。幼少期から家業を手伝っていたが、昭和40年代、東京湾の埋め立てにより公害問題が発生。子安の漁師たちは、保証金と引き換えに漁業権を放棄した。これにより、生業としていた底引き網漁ができなくなってしまった。実質、漁師になる夢が断たれた瞬間だ。「目標がなくなり、学生時代は喧嘩に明け暮れた」。高校卒業後、港で働くことになった。

 ○…多くの漁師たちは丘に仕事を求めたが、刺し網漁で再起を図る仲間も現れた。時はバブル時代。「魚がびっくりする高値で取引されている。このチャンスを逃す手はない」。300万円の中古船を買い、25歳で漁師になった。現在は3千万円の船で縦横無尽に東京湾を駆け巡る。「誰でもやれる仕事じゃない。漁師町に生まれて良かったよ」。バブル崩壊後、本格的にアナゴ漁を始めた。乱獲を防ごうと、15年前に「あなご協議会」を設立し、安定した価格を維持している。

 ○…子ども8人を授かった。「漁師は家族の支え、特に嫁さんの理解がなければ成り立たない」と感謝を忘れず、年に2回は家族旅行に出かける。5人の息子には「1本の筒を貯金箱だと思え」と檄を飛ばし、これまで培ってきた経験を伝える。「自然が相手だから簡単じゃないが、継いでくれたらうれしい」。近い将来、兄弟船を見送るのが夫婦の夢となった。
 

神奈川区版の人物風土記最新6件

佐伯 美華さん

学校・地域コーディネーターとしてキャリア教育の充実を図る

佐伯 美華さん

2月15日号

江端 広樹さん

済生会東神奈川リハビリテーション病院の院長に就任した

江端 広樹さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

河崎 力さん

成人式応援プロジェクトを指揮する

河崎 力さん

1月25日号

岩井 璃那(りな)さん

神奈川区が主催する写真コンテストの小中学生部門で最優秀賞に輝いた

岩井 璃那(りな)さん

1月18日号

貝川 弘行さん

青少年のバンドとダンスの祭典「B-SKY FES」の実行委員長として尽力する

貝川 弘行さん

1月11日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク