神奈川区版 掲載号:2012年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

「まちの氷屋さん」 飲食店や祭りで大活躍

大きな刃で切られていく氷
大きな刃で切られていく氷

 六角橋の住宅街の中に佇む「藤崎商店」では、この日も大きな刃で140kgほどの氷を「ガリガリ」と削る音が響いていた。

半世紀の老舗

 主人の藤崎逞さんが店を構えて50年。現在は息子の高資さんと一緒に氷屋を営む。店を開いた当時はまだ冷蔵庫がなかった時代。そのため氷屋の存在は大きく、毎日1軒1軒家を回って配達をしていたという。

 冷蔵庫が普及し、多くの氷屋は店をたたんだ。「今は少なくなったけど、氷を切る機械がある店が残っている。のこぎりで切るのは大変だからね」と高資さん。藤崎商店にある切断機の奥には、昔使っていたのこぎりが今も残っている。

夏には1日1t

 同店で扱うのは丁寧に時間をかけて濾過(ろか)し、クリスタルのように美しく透き通った「純氷」。飲食店や氷彫刻をはじめ、夏祭りの出店などでも使われている。多い日で1日1tもの氷を扱うほど。六角橋商店街の「BAR Calvados」でも同店の氷が使われており「溶けにくくお酒の味が引き立つし、迅速に配達してくれる藤崎さんの明るい人柄もいいですね」とバーテンダーの佐藤大二郎さんもお墨付き。「藤崎商店の氷」はその暖かな人柄もつまった氷だった。
 

神奈川区版のローカルニュース最新6件

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク