神奈川区版 掲載号:2015年6月4日号 エリアトップへ

県高校総体の棒高跳びで優勝し、最優秀選手に選出された 江島 雅紀さん 西寺尾在住 16歳

掲載号:2015年6月4日号

  • LINE
  • hatena

「結果で恩返し」

 ○…相模原ギオンスタジアムでこのほど、県高校総体の棒高跳び決勝が行われ、5m26cmを跳んで優勝。185cmの長身を生かして県高校新記録を更新し、今大会の最優秀選手に選ばれた。「応援してくれた方々に感謝している。次の大会でも自己ベストを出したい」と気持ちは既に次へと向けられている。

 ○…2歳上の兄の影響で中学1年生から始めた棒高跳び。錦台中時代から全国中学校陸上競技選手権大会に出場するなどすぐに頭角を現したが、荏田高校に入学して挫折を経験。昨年の関東大会ではふとした心の隙から、インターハイ出場を逃してしまった。「競技を楽しめなかった。みんなと同じ練習ではだめだと気付いた」。以来、悔しさをバネに体幹を強くするための自主練習を追加。競技に対する意識を変えて臨んだ次の大会では記録を15cmも伸ばす躍進を見せ、成長の手ごたえを感じた。

 ○…モットーは「謙虚」。今の自分に満足することなく、常に上を目指すことが信条だ。競技に集中できているのは家族の存在が大きいという。家族が撮ってくれた試合のビデオを何度も見返し、課題を見つける。「記録を出せたのは小さい頃から実践している『ニンジンぶら下げ計画』のおかげ。目標を達成できたら家族からご褒美がある。今回はテーマパークに行く約束」と表情を崩した。

 ○…教室ではゲームや映画が好きな普通の高校生。得意科目は「一番はやっぱり体育。国語が好きで数学が苦手」と話し、反対に数学が得意な兄とお互いの得意分野を教えあっているそう。関東大会を控え、今期高校ランキング1位としてインターハイの表彰台を見据える。「5m26cmの感覚は残っている。一度跳べたら絶対に跳べる自信がある。結果を出して家族に恩返しがしたい」と力強く答える。東京五輪の育成競技者にも選ばれており、世界で活躍する日を夢見て虎視眈々と練習に励む。

神奈川区版の人物風土記最新6

伴 敬子さん

アニマルセラピー団体「フレンド・ワン」の代表を務める

伴 敬子さん

沢渡在住 77歳

3月26日号

小倉 勝十さん

「まち×学生プロジェクト」の立ち上げから尽力した

小倉 勝十さん

神奈川大学4年 22歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

松見町在住 36歳

3月5日号

志駕 晃(しが あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕 晃(しが あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月27日号

松島 昌子さん

神奈川区民生委員児童委員協議会の会長を務める

松島 昌子さん

片倉在住 75歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

大野町在勤 43歳

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク