神奈川区版 掲載号:2015年6月11日号 エリアトップへ

6月14日世界献血者デー 「若い人も献血に協力を」 輸血で命支えられた高原さん

社会

掲載号:2015年6月11日号

  • LINE
  • hatena
献血への想いを語る高原さん
献血への想いを語る高原さん

 6月14日の「世界献血者デー」にちなみ、神奈川県赤十字血液センターが同日、横浜駅みなみ西口で献血の大切さを呼び掛けるイベントを開催する。

 そのイベントに過去に輸血を受けて元気になった鶴見区在住の高原弥詞(みこと)さん(16)も参加する。高原さんは小学4年の10歳の時、脳腫瘍からくる水頭症を発症し、10時間以上におよぶ手術を受けた。言葉と身体の自由を失い、入院して半年間は食事も摂れず副作用の激しい抗がん剤による治療が続けられたが、その辛い入院生活で高原さんを元気付けたのが輸血だった。化学療法などで血液中の赤血球や血小板を造る力が低下して弱った身体に輸血をすることで血液成分を補充。同室で病気と闘っていた子どもたちも輸血で顔色がよくなったり、ベッドから起き上がれるようになるなど、まさに「命を支える源」だった。弥詞さんも「輸血って交通事故とかの手術で使うものばかりと思っていたけど、自分のような病気の子どもとか、がん患者に使うのが約9割と知って驚いた」と話す。

 その後、治療や懸命のリハビリの甲斐もあって入院から1年で退院。退院後は、「自分や同じ病室で一緒に頑張った友達を助けてくれた輸血を支える献血者の方々に『ありがとう』の気持ちを伝えたい」と赤十字のPR活動に積極的に参加する。「献血は16歳からできる。今度のイベントでも同年代の人たちに協力を呼び掛けたい」。時間は午前10時から午後4時。輸血経験のある子どもたちが献血呼びかけなどを行う。

 問い合せは、県赤十字血液センター【電話】046・228・9800。

神奈川区版のローカルニュース最新6

市、早期給付へ体制強化

【Web限定記事】特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 社会

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

駅に懐かしの伝言板

【Web限定記事】

駅に懐かしの伝言板 社会

「閉塞感を和らげたい」

5月28日号

区作連にマスク寄贈

神奈川RC

区作連にマスク寄贈 社会

5月28日号

疫病退散のアマビエ展

疫病退散のアマビエ展 文化

六角橋 あけ/たて

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

「近所でも距離保って」

【Web限定記事】

「近所でも距離保って」 社会

六角橋西町、住民に注意喚起

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月11日19:51更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク