神奈川区版 掲載号:2015年6月11日号 エリアトップへ

6月14日世界献血者デー 「若い人も献血に協力を」 輸血で命支えられた高原さん

社会

掲載号:2015年6月11日号

  • LINE
  • hatena
献血への想いを語る高原さん
献血への想いを語る高原さん

 6月14日の「世界献血者デー」にちなみ、神奈川県赤十字血液センターが同日、横浜駅みなみ西口で献血の大切さを呼び掛けるイベントを開催する。

 そのイベントに過去に輸血を受けて元気になった鶴見区在住の高原弥詞(みこと)さん(16)も参加する。高原さんは小学4年の10歳の時、脳腫瘍からくる水頭症を発症し、10時間以上におよぶ手術を受けた。言葉と身体の自由を失い、入院して半年間は食事も摂れず副作用の激しい抗がん剤による治療が続けられたが、その辛い入院生活で高原さんを元気付けたのが輸血だった。化学療法などで血液中の赤血球や血小板を造る力が低下して弱った身体に輸血をすることで血液成分を補充。同室で病気と闘っていた子どもたちも輸血で顔色がよくなったり、ベッドから起き上がれるようになるなど、まさに「命を支える源」だった。弥詞さんも「輸血って交通事故とかの手術で使うものばかりと思っていたけど、自分のような病気の子どもとか、がん患者に使うのが約9割と知って驚いた」と話す。

 その後、治療や懸命のリハビリの甲斐もあって入院から1年で退院。退院後は、「自分や同じ病室で一緒に頑張った友達を助けてくれた輸血を支える献血者の方々に『ありがとう』の気持ちを伝えたい」と赤十字のPR活動に積極的に参加する。「献血は16歳からできる。今度のイベントでも同年代の人たちに協力を呼び掛けたい」。時間は午前10時から午後4時。輸血経験のある子どもたちが献血呼びかけなどを行う。

 問い合せは、県赤十字血液センター【電話】046・228・9800。

神奈川区版のローカルニュース最新6

子どものサンタになろう

ベイホテル東急

子どものサンタになろう 文化

チャリティギフト募集

12月5日号

中小企業家300人学ぶ

中小企業家300人学ぶ 経済

同友会が勉強会

12月5日号

IR阻止へ署名集め

立民県連

IR阻止へ署名集め 政治

カジノ対策本部を設置

12月5日号

関内ホールに400人

宅建協会

関内ホールに400人 社会

横浜4支部が市民セミナー

12月5日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月5日号

日産横浜工場でフェア

日産横浜工場でフェア 経済

12月15日、参加費無料

12月5日号

「ひとつのプレーを全力で」

「ひとつのプレーを全力で」 スポーツ

桐蔭高・森選手が入団会見

12月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク