神奈川区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

ブラジリアン柔術日本代表として8月の世界大会に出場する 平尾 悠人さん 旭ヶ丘在住 27歳

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena

笑顔に秘める闘志

 ○…全国に300以上の道場があり、約3万人に親しまれているブラジリアン柔術。マイナス66kg級でアジア・オセアニア予選を突破し、8月29日・30日にブラジル・サンパウロで行われるブラジリアン柔術世界大会「アブダビコンバット2015」に初出場する。世界最高峰と言われる同大会。各大陸の予選を勝ち抜いた強者たちとの対戦に「レベルが高いので一戦一戦集中したい」と謙虚に答える。

 ○…4人兄弟の末っ子。白幡小で過ごした少年時代から活発で、「ケガが多くて親が呼び出されたこともあった」と恥ずかしそうに笑う。神奈川中を経て、武相高に進学。大晦日にテレビの特番を観て以来、格闘技に興味があったため、神奈川本町のX―TREME柔術アカデミーに入門した。最初はなかなか試合で勝てなかったが、「勝ったときが嬉しくて、また味わいたいと思うようになった」とのめり込んだ。

 ○…明治大では「女の子が多かったから」とスキーサークルに入っても柔術の稽古は怠らず、3年次には全日本選手権で優勝した。横浜市消防局に就職後も仕事後や休日を稽古に充て、25歳で再び全日本優勝。世界選手権で3位の成績を収めた。現在は、神奈川消防署査察係で区内の消防設備点検などを行う。「昼休みになると、本覚寺がある坂でダッシュする」と少しの時間も無駄にしない。「体力、メンタル面ともに消防の仕事にも役立っている」

 ○…他部局への出向などにも興味を持つ、働き盛りの27歳。神奈川消防署に異動してきた2年前から、旭ヶ丘で一人暮らしを始めた。休日には、出田町のコスタ横浜に行ってフットサルで汗を流し、反町の三ツ屋で博多ラーメンをすする。今年生まれた甥っ子にデレデレ。先月会いに行ったときにスマートフォンで撮った写真を眺めて「叔父バカです」と目尻を下げる。柔和な表情で「世界の子どもたちに柔術を普及させたい」と夢を描く。

神奈川区版の人物風土記最新6

多田 七望さん

六角橋地域で初開催されたクリスマスパレードの実行委員長を務めた

多田 七望さん

西神奈川在学 19歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

日光 萌花さん

六角橋地域で開催された「キャンドルナイト」の実行委員長を務めた

日光 萌花さん

六角橋在学 21歳

12月17日号

川越 理絵さん

菅田小学校のPTA会長で、50周年実行委員長を務める

川越 理絵さん

菅田町在住 40歳

12月3日号

多賀谷 彰さん

コロナ禍の経営難を乗り越えようと、学童とタッグを組んだ勢 鴨居店の店長

多賀谷 彰さん

市内在勤 51歳

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク