神奈川区版 掲載号:2016年4月28日号 エリアトップへ

青木町 三木組が創業120年 市内施設手がけ地元に貢献

社会

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • hatena
三木組が建てた震災復興小学校の一つ、間門小学校(三木組百年之記より)
三木組が建てた震災復興小学校の一つ、間門小学校(三木組百年之記より)

 建設業を営む三木組(三木康郎代表/従業員数85人)=青木町=が今年4月、創業120周年を迎えた。

”横浜”との縁

 創業者である三木多治ヱ門が1897年、郷里の福井県敦賀市で「三木組」を誕生させた。1923年9月1日の関東大震災直後、三男・末吉(当時36)が横浜へ降り立つ。「私の記憶をたどると、たしか横浜という地が敦賀にもあって、そこに住んでいたとか。故郷と同じ”横浜”という土地にひかれて来たのでは」と三木社長は話す。横浜市内では31校の震災復興小・中学校が建てられ、そのうち三木組は震災復興小学校7校などの新築工事を請け負った。これを機に、長年市内の公共工事を数多く手がけるように。神奈川区役所の新築(64年)・増築工事(90年)や三ツ沢公園球技場の改築工事(93年)なども三木組の手によるものだ。

みなとみらいの国際会議場も

 57年以降は、公共工事中心から民間企業建設工事に範囲を広げ、世界最大級の複合MICE施設であるパシフィコ横浜の建設にも参加。昨年は、4年後の完成に向けて準備が進んでいる新市庁舎建設予定地での埋蔵文化財調査のための工事も請け負った。

 「仕事の多くが県内そして市内。ずっと横浜で仕事をさせていただいて120年を迎えられたことに、地元の皆さまに感謝です」と三木社長。神奈川区でも有数の歴史ある企業として、次の10年へ歩み続ける。

歴史を語る三木社長
歴史を語る三木社長

神奈川区版のローカルニュース最新6

2例目の女性本部部長に

有田美智代さん(羽沢町) 神奈川消防団

2例目の女性本部部長に 社会

10月22日号

タンゴ、本場の音色で魅了

バンドネオン奏者 平田さん

タンゴ、本場の音色で魅了 文化

10月22日号

三ツ沢でハロウィーン

三ツ沢でハロウィーン 文化

10月31日、小中学生対象

10月22日号

妊婦向け食育講座

正社員雇用 8割「当面維持」

正社員雇用 8割「当面維持」 経済

横浜市調査で企業回答

10月22日号

地区センなど区内7カ所で

フードドライブ

地区センなど区内7カ所で 経済

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク