神奈川区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

市政報告 家庭や地域で育む防災意識 横浜市会議員 竹内 やすひろ

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena

私たちの命は私たちで守る

 11月5日は、昨年国連総会で制定された「世界津波の日」でした。この日はもともと、東日本大震災を踏まえ、津波対策推進法により日本の「津波防災の日」と定められている日でもあり、逸話「稲むらの火」にちなみ、日本各地で津波の避難訓練が行われてきた経緯があります。

 「稲むらの火」の逸話は、安政元年に起きた大津波の際、紀州広村で水が枯れた井戸などを見て、津波を察知した地元の実業家・濱口梧陵が自ら稲束(稲むら)に火を付け、それを目印に村人を高台に避難させ、命を救ったという話です。

 横浜市会では平成25年3月に、私たちの命は私たちで守る 「よこはま地震防災市民憲章」を積極的に推進する決議をしています。

 神奈川区内においても、さまざまな地域で防災訓練が実施されています。また、沢渡にある横浜市民防災センターもリニューアルオープンしました。

次世代へ伝える重要性

 防災教育に取り組む群馬大学大学院片田敏孝教授は、「防災意識が地域の『知恵』、そこに暮らす『作法』、自然に向き合う『姿勢』として、日常生活の中にすり込まれるぐらい、自分の身を守る行動をとり続ける。その『行動する背中』を次の世代が目にして引き継ぐ」と、次の世代へと備えの行動で伝えていく防災の「文化」を定着させることの重要性を語られています。

 大変な時、困ったときはお互いさまで、親が子どもを思う心は、国内外を問わず普遍的なものです。神奈川区にも日頃積み重ねたコミュニケーションがあります。家族や地域で育む防災意識を更に積み重ねて、継承していくことが大切です。

竹内 康洋

神奈川区大口通127-16 コスガビル1F

TEL:045-716-6822

http://takeuchi.180r.com/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

地域をつなぐ、新時代の商店会

特別対談

地域をつなぐ、新時代の商店会

 自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

4月15日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

未来へ向けた新たなまちづくりを推進

新型コロナ感染症には迅速で的確な対応を 県政報告

未来へ向けた新たなまちづくりを推進

神奈川県議会議員 梅沢 裕之

3月25日号

市民の声を議会へ

市政報告

市民の声を議会へ

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

3月25日号

2021年、県政の2大論点!

県政報告

2021年、県政の2大論点!

立憲民主党 県議会議員 中村たけと

1月7日号

希望の持てる年に

市政報告

希望の持てる年に

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

1月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://takeuchi.180r.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter