神奈川区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

精華小学校の元校長で、子どもに寄り添う教育理念を1冊にまとめた 小川 正さん 神大寺在住 65歳

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

教育の道、いつまでも

 ○…子どもに寄り添い、見守り、自己啓発をサポートし、成長に導いていく―。これまで培ってきた教育の極意をまとめた本を、自費出版した。名門私立小学校で30数年間にわたり、子どもたちに向かい合ってきたからこそ語れるものがある。「子どもはみんな、可能性という『鍵』を持っている。この本を通じて、親子が一緒に成長していくためのヒントにしてもらいたい」

 ○…横浜市南区出身。「児童の有志で山から岩石を採取する課外授業に、とてもワクワクしたことを覚えている」。厳しくも優しさを持った小学校の恩師。「先生の気概にふれたいと思って通学していた」と振り返るほど、自身の教育観に大きな影響を与えた人物だった。中高時代は学級委員として、荒れたクラスのまとめ役を担った。そのとき感じたのが、心身の強さの必要性。少林寺拳法の道場の門をたたき、大学4年間で3段、道場長まで昇格した。「達人は相手の技を吸収する術に長けている。間合いが重要なのは人生と同じだね」と笑う。

 ○…大学は工学部へ進み、美術館のライトアップをテーマに照明器具の研究に没頭した。卒業後、平塚市の高校を経て、1977年から精華小に勤務。一緒になって遊ぶうちにスーツはボロボロに。子どもたちと同じ目線で関わるため、ジャージでの勤務許可を得たという熱血エピソードもある。その後、教頭や校長などを歴任して退職。幅広い視点に立って子どもを指導しようと2015年、家庭教師派遣事務所「おがわ教育研究所」を設立した。

 ○…神大寺には25年前から住む。妻と娘の3人暮らし。「緑が多く、人にも恵まれて暮らしやすい」。バリ島の海に魅せられダイビング免許を所得、ソフトボールチームにも所属していたスポーツマン。還暦を前に弓道と出会い今も稽古に励むなど、チャレンジ精神は旺盛だ。夢は私塾「おがわ塾」の設立。教育道の追及へ、飽くなき挑戦は続く。

神奈川区版の人物風土記最新6

瀨井 恒之さん

片倉うさぎ山公園あそび場管理運営委員会の代表を務める

瀨井 恒之さん

片倉在住 67歳

12月2日号

千葉 龍聖さん

神奈川大学2年生で「キャンドルナイト」の実行委員長を務める

千葉 龍聖さん

六角橋在学 20歳

11月25日号

萩谷 秀人さん

斎藤分南部町内会の会長を務める

萩谷 秀人さん

斎藤分町在住 40歳

11月18日号

高山 健二さん

片倉うさぎ山公園で撮影した子どもたちの写真展を初開催する

高山 健二さん

三ツ沢上町在住 72歳

11月11日号

樺澤 弘子さん

「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞した打越公園愛護会の会長

樺澤 弘子さん

新子安在住 76歳

11月4日号

會田(あいた) 瑞樹さん

神奈川区民文化センターかなっくホールで10月30日にソロリサイタルを行う

會田(あいた) 瑞樹さん

東京都在住 32歳

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook