神奈川区版 掲載号:2018年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川区でリビングラボ 企業ら取り組み紹介

社会

取り組みを紹介する石幡さん
取り組みを紹介する石幡さん

 高島台にある住宅型複合施設しぇあひるずヨコハマで6月8日、産民学連携のリビングラボが初めて開かれた。リビングラボとは、企業やNPOと行政が主体的に議論しながら、アイデア出し合う場のことをいう。当日は、経済産業省や横浜市をはじめ、鉄道会社や不動産会社などの官民学のまちづくりに関わる担当者が集まり、各地区で行われている取り組みを発表した。

 横浜市住宅供給公社の今村美幸さんは、南区井土ヶ谷下町の地域交流拠点「井土ヶ谷アーバンデザインセンター」について、生活者と地元企業、クリエイター、NPOなどが社会課題を同じ目線で議論し解決に結びつける「おひさま広場」の取り組みを紹介した。

沿線とまちづくり

 株式会社相鉄ビルマネジメントの石幡勝さんは、横浜駅西口で住民の意識調査やハロウィンなどのイベントを展開しており、街の団体や住民と関わりを持ってきたノウハウを活かし、帷子川河口部でリビングラボの展開も目指していることを話した。

今後は共有した取り組み事例をもとに、ネットワーク化を推進していく。
 

8/24家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版のローカルニュース最新6件

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

年齢、障害、”枠”超える35人展

年齢、障害、”枠”超える35人展

市内在住・吉田さんら企画

8月24日~8月26日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク