神奈川区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS【1】 横浜博から30年、開発9割に 進出企業は約1810社

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena
MM地区の全容(2018年1月)写真提供:(一社)横浜みなとみらい21
MM地区の全容(2018年1月)写真提供:(一社)横浜みなとみらい21

 4月に資生堂、夏には京急本社の稼働が予定され、注目を集めている「みなとみらい21(MM)地区」。186ヘクタールにおよぶ広大な土地の開発は1965年にさかのぼる。

 横浜市は当時、6大事業の1つとして「都心部強化」を発表。MM地区の開発は、その中核をなすプロジェクトとしてスタートした。

 現在の横浜ランドマークタワー付近にあった三菱重工業の造船所が83年3月に移転完了し、同年11月からMM事業が着工。日本丸メモリアルパークなどの整備が進み、89年の横浜博覧会(YES‘89)開幕を節目に開発が本格化する。93年には当時、日本一の高さを誇ったランドマークタワーがオープンした。

経済基盤の確立、目的に

 MM事業の目的は主に3つ。1つは「横浜の自立性の強化」。関内・伊勢佐木町地区と横浜駅周辺地区に二分されていた横浜の中心部を一体化させ経済基盤を確立する。2つ目は「港湾機能の質的転換」。公園や緑地を整備し市民が憩うことができる空間をつくる。3つ目は「首都圏の業務機能の分担」。東京に集中した首都機能を分担する最大の受け皿となる。

 これらの目的を達成するため市は企業誘致を進め、2018年1月現在で進出企業は約1810社。開発進捗率は約83%で、暫定利用の7%とあわせると9割の開発にめどがついたことになる。

観光・エンタメの顔も

 エリアマネジメントを行う(一社)横浜みなとみらい21によると、国際文化・情報・水と緑と歴史に囲まれた人間環境の3つの都市像が「当初想定以上に充実して実現」。近年はホテルやアリーナなどの「観光・エンターテイメント」、研究所や大学など知の集積による「オープンイノベーション」、災害時の体制が整備された「安全・安心」などの都市像が浮き彫りになってきている。
 

神奈川区版のコラム最新6

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

三十八席目 「かぼちゃ屋」

9月12日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

8月29日号

370万市民を守る備え

MM21街区NEWS【14】

370万市民を守る備え

緊急物資拠点の耐震バース

8月29日号

日曜朝は「タカチュー」へ

MM21街区NEWS【13】

日曜朝は「タカチュー」へ

みなとみらい農家朝市

8月22日号

立地生かし、新たな価値創出へ

MM21街区NEWS【12】

立地生かし、新たな価値創出へ

京セラが新研究拠点を開所

8月8日号

お噺のお話

お噺のお話

三十七席目 「一眼国(いちがんこく)」

8月1日号

こけら落としは「ゆず」

ぴあアリーナ 4月25日開業

こけら落としは「ゆず」

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

  • 8月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク