神奈川区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS【7】 旅の発着見守り40年 YCAT 年間379万人が利用

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
完成予定の模型(上)と現在の第一ロビー(下)
完成予定の模型(上)と現在の第一ロビー(下)

 成田・羽田といった空港や、全国各地を結ぶバスの拠点として、”ハマの玄関”の役目も果たす「横浜シティ・エア・ターミナル」(略称=YCAT)。68街区にある地上30階建ての横浜新都市ビル・スカイビル内にあり、今年で40周年を迎える。

利用は1日1万人

 開業は1979年12月。現在地ではなく、隣接する神奈川区側、ポートサイド地区と呼ばれるエリアだった。前年開港の新東京国際空港(現成田国際空港)への利便性向上を目的とし、当初は成田行きのみで30分に1本程度の運行だったという。

 ターニングポイントは96年。現在のスカイビルへの移転開業だ。同年に羽田行きの運行を開始。国内線、国際線のチェックインも可能となり、利便性が格段に上がった(2001年米同時多発テロ以降、国際線チェックインは中止)。

 その後、新高速乗合バスなどの空港線以外の路線も拡充。昨年度の利用者数は約379万人、発着台数は約24万8千台となっており、いずれも一日あたり1万1千人、700便に上る。

大規模改修も

 40周年の今年はロビーや待合室などの大規模リニューアルを計画中。内装はレンガ調にし、電光掲示板を増設。発着情報を細かく発信する。外部会場での周年記念イベントも実施予定だ。

 YCATは「海外からの訪日旅行の拠点、高速バスなどの総合的なターミナル。今後も役目を果たしていく」と話した。

<PR>

神奈川区版のコラム最新6

情報通信インフラを支える

MM21街区NEWS【10】

情報通信インフラを支える

開業20周年の「横浜メディアタワー」

7月18日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

三十六席目「三年目」

7月11日号

アンパンマンの世界を体感

MM21街区NEWS【9】

アンパンマンの世界を体感

全天候型ミュージアムが開館

7月11日号

イノベーション創出に一役

MM21街区NEWS【8】

イノベーション創出に一役

富士ゼロックスが市と連携協定

6月20日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

三十五席目「道具屋」

6月6日号

ダンス、演劇で文化発信

MM21街区NEWS【6】

ダンス、演劇で文化発信

横浜赤レンガ倉庫1号館

5月23日号

パシフィコで家具メッセバザール

6月8日、9日に厳選された家具が集まるお得な祭典!

https://www.kanetaya.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 7月11日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク