神奈川区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS【9】 アンパンマンの世界を体感 全天候型ミュージアムが開館

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
来場を出迎えるアンパンマンと「パンこうじょう」
来場を出迎えるアンパンマンと「パンこうじょう」

 (株)ACM(大澤雅彦社長)が運営する「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が7月7日、みなとみらい21地区(MM)の61街区に開業する。同ミュージアムは、今年の5月26日までMM内にあった施設を新高島駅徒歩3分の場所に「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。」というコンセプトのもと、移転・リニューアルする。

 建物の前に高さ約4mのアンパンマンが登場。1階フロアは無料で入場でき、アンパンマングッズの店や飲食店14店舗が並ぶ。また、1階ひろばは「アンパンマンごう」と「だだんだん」が登場するショーなども楽しめる。

 2階がチケット売り場となり、3階がミュージアム(有料エリア)に。テレビアニメの世界を再現したエンターテインメント性があるエリアとなっている。入館してすぐに「パンこうじょう」が現れ、周りは全面人工芝が広がる。そこがメインステージとなり、アンパンマンが登場する大規模なショーが開かれる。

 そのほかにも、アンパンマンたちとダンスや、親子で工作ができる「わいわいパーク」など遊びにきた子どもたちが、体を使って楽しめる空間を設けた。ミュージアムの入場料は1歳以上から2200円(税込)となる。

 同ミュージアムは「天候を心配することなく、子どもたちが遊べる全天候型の施設となりました。子どもたちがたくさん動いて遊んでもらえる仕掛けをたくさん用意しています」と呼びかける。

<PR>

神奈川区版のコラム最新6

立地生かし、新たな価値創出へ

MM21街区NEWS【12】

立地生かし、新たな価値創出へ

京セラが新研究拠点を開所

8月8日号

お噺のお話

お噺のお話

三十七席目 「一眼国(いちがんこく)」

8月1日号

こけら落としは「ゆず」

ぴあアリーナ 4月25日開業

こけら落としは「ゆず」

8月1日号

情報通信インフラを支える

MM21街区NEWS【10】

情報通信インフラを支える

開業20周年の「横浜メディアタワー」

7月18日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

三十六席目「三年目」

7月11日号

イノベーション創出に一役

MM21街区NEWS【8】

イノベーション創出に一役

富士ゼロックスが市と連携協定

6月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月1日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク