神奈川区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS【13】 日曜朝は「タカチュー」へ みなとみらい農家朝市

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
毎月日曜に開かれる朝市の様子(上・横浜市提供)、芝生広場の奥には高層マンションが立ち並ぶ(下)
毎月日曜に開かれる朝市の様子(上・横浜市提供)、芝生広場の奥には高層マンションが立ち並ぶ(下)

 みなとみらいの夏といえばピカチュウの大量発生だが、「タカチュー」だって忘れちゃいけない。

 移転してきた「アンパンマンミュージアム」の目と鼻の先、高層マンション群に隣接する高島中央公園。住民からは「タカチュー」の通称で親しまれている。いわゆる商業地からはやや離れているが、広さ約1万4千平方メートルの公園内には芝生広場や屋根の付いたイベントスペースなどがある。

地場の生産者が出店

 この地で10年前から毎月開催されているのが「みなとみらい農家朝市」。市内の直売農家による地場野菜の魅力を中心部から発信しようと、開港150周年を機に始まった。

 毎月第4日曜の午前9時から10時30分まで実施(6〜8、10〜12月は第2日曜も)。戸塚の若手農家の集まりや都筑の養鶏場など、個人・団体合わせて6ブースが毎回参加する。出店者組合が主催し、市農業振興課がサポートしている。

 夏場は早朝とれたてのトウモロコシや真っ赤に完熟したトマトなどが軒先に並ぶ。ジャムや漬物などの加工品も揃っているほか、色とりどりのニンジンといった生産者の個性を感じる特色ある野菜に出会えるのも魅力の一つだ。

 来場者の多くは近隣のマンションの住民。毎回300人近くが訪れ、固定ファンが付いている生産者も多いという。

 10月には10周年。併せて行う感謝祭では来場者向けの特典企画も準備している。
 

神奈川区版のコラム最新6

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月19日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

三十八席目 「かぼちゃ屋」

9月12日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

8月29日号

370万市民を守る備え

MM21街区NEWS【14】

370万市民を守る備え

緊急物資拠点の耐震バース

8月29日号

立地生かし、新たな価値創出へ

MM21街区NEWS【12】

立地生かし、新たな価値創出へ

京セラが新研究拠点を開所

8月8日号

こけら落としは「ゆず」

ぴあアリーナ 4月25日開業

こけら落としは「ゆず」

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

  • 8月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク