神奈川区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS【14】 370万市民を守る備え 緊急物資拠点の耐震バース

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
臨港パークに隣接し、みなとみらい橋からその姿を望むことができる
臨港パークに隣接し、みなとみらい橋からその姿を望むことができる

 9月は防災月間。みなとみらいには幸いながら、これまで一度も本格運用されたことのない災害対策スペースが存在する。臨港パークに隣接する「耐震バース」だ。

 バースとは船が港に接岸するための係留施設のこと。その中でも耐震性を強化したのが耐震バース。みなとみらい21地区の開発事業が着工する前、1982年の時点で当時の港湾計画に想定が盛り込まれていた。

 港湾関係の専門用語では耐震強化岸壁と呼ばれ、対岸の山内ふ頭や今秋開業する新港ふ頭客船ターミナルの岸壁も同様の役割を持っている。

 直下型地震などで陸路が寸断された際の食料や毛布といった緊急物資の受け入れ先となり、長さは260mで水深7・5m。全長200m程度の船(参考までに、氷川丸は全長約163m)が着岸可能で、小型なら2隻まで着岸できる。ヘリポートを併設しているため、遠隔地まで物資を届けることが可能だ。

 今年3月、横浜市とKDDI(株)、海上保安庁による災害訓練が行われた際にはKDDIの海底ケーブル保守船が着岸した。

花火大会の観覧席としても

 横浜市民になじみ深いのは花火大会のイメージだろう。かつての神奈川新聞花火大会や、今年8月のみなとみらいスマートフェスティバルでは耐震バース周辺が有料観覧エリアとなり、来場者が水面に映える花火を楽しんだ。
 

訓練で着岸したKDDIのケーブル保守船
訓練で着岸したKDDIのケーブル保守船

神奈川区版のコラム最新6

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月19日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

三十八席目 「かぼちゃ屋」

9月12日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

8月29日号

日曜朝は「タカチュー」へ

MM21街区NEWS【13】

日曜朝は「タカチュー」へ

みなとみらい農家朝市

8月22日号

立地生かし、新たな価値創出へ

MM21街区NEWS【12】

立地生かし、新たな価値創出へ

京セラが新研究拠点を開所

8月8日号

こけら落としは「ゆず」

ぴあアリーナ 4月25日開業

こけら落としは「ゆず」

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

  • 8月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク