神奈川区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した 瀬戸 勇さん 横浜市消防局在勤 40歳

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena

人と変わったことに取り組む

 ○…消防啓発イベントでの大道芸や聴覚障害を持つ人向けに手話と字幕付きの動画作成・配信と火災予防啓発へのユニークな取り組みなどで「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞。「このイベント自体知らなかったので、最初『受賞おめでとう』と連絡もらった時には新手の振り込め詐欺かと驚いた」と受賞当初の話を苦笑いを浮かべ振り返る。出初式だけでなく、各区の消防署の要請を受けて啓発活動を展開しているが「進化させたい」と意欲的だ。

 ○…聴覚障害を持った人と仲良くなり、手話スクールで手話を習い、健常者との間に立って手伝ったことに「誰かの役に立つ喜びを感じた」という幼少期。いろいろな方法でコミュニケーションが取れるということに気づきを得たという。その体験から聴覚障害者に向けた対応や災害時の現場で消防士同士が手話をベースにした会話の確立方法の発想などにも積極的に取り組む。

 ○…10年ほど前、ランドマークタワー前の広場で行われているパフォーマンスを見て「面白そう」と自ら道具を購入し、横浜大道芸倶楽部へ。ジャグリングを中心に教わりながら技を磨き、野毛大道芸などにも参加。「人と変わったことをやることが好きなんです。練習しているところを見に来て下さい」と笑顔で浮かべる表情から親しみやすさが滲み出る。

 ○…大学院修了後、民間企業を経て消防職員に。受験するには当時年齢制限ギリギリだったが、チャンスを自らの手で掴んだ。あれから10年あまり。多くの経験を積み上げ「広い土台を作らせてもらった。これからの10年はその土台に立ってこれからの消防をよりよくしていきたい」と穏やかな口調で話す姿に強い信念がうかがえる。

神奈川区版の人物風土記最新6

松島 昌子さん

神奈川区民生委員児童委員協議会の会長を務める

松島 昌子さん

片倉在住 75歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

大野町在勤 43歳

2月6日号

望月 秀幸さん

かなっくホールで活動する「お囃子プロジェクト」の代表で、邦楽囃子演奏家である

望月 秀幸さん

37歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

反町在住 37歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

鈴木 史絵さん

癒しイベントを主催するワンネスハート&ハート実行委員会の代表を務める

鈴木 史絵さん

高島台在住 52歳

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク