神奈川区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS【17】 公式キャラは「えむえむさん」 MM線開通15周年記念で

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
初登場した公式キャラ「えむえむさん」
初登場した公式キャラ「えむえむさん」

 横浜駅から元町・中華街駅間を結ぶみなとみらい(MM)線が2019年2月、開通15周年を迎えた。運営は横浜高速鉄道株式会社(鈴木伸哉代表取締役社長)。

 MM線は、04年2月1日に東急東横線と相互直通する路線として開通。距離は4・1Kmあり、みなとみらい21地区をはじめ山下町、横浜中華街など横浜都心臨海部の中心を通る。13年には、東京メトロ副都心線をはじめとする鉄道4社とも相互直通運転を開始。新宿や池袋、埼玉県西南部まで直に結ばれた。利用者は、通勤通学や観光の足として1日平均21万7020人(18年度)が利用している。

 MM線各駅には、それぞれデザインコンセプトがあり、にぎわいの場として活用。例えば「近未来の街」をイメージした新高島駅は、構内地下1階部分を市に貸出し、現代アートの拠点として「Bank ART Station」が19年2月に誕生し、作品展示や創作活動が行われている。

 同社は10月5日、みなとみらい駅で15周年の記念イベント「トレインフェスタ」を開催した。特設ステージでは、鉄道ファンとして知られるお笑いコンビダーリンハニーの吉川正洋さん(41)が司会で登壇。会場が盛り上がるなか、同社の公式キャラクター「えむえむさん」が初登場。「えむえむさん」は「幸せを運ぶ海鳥」をテーマとしたキャラクターで、15周年を記念して同社の若手社員が発案し誕生した。今後は、公式キャラクターとして同社のグッズなどで使用される。

活性化の一翼に

 同社企画管理部の古性敏幸経営企画課長は「MM線は、沿線地域の発展とともに15年間歩んできました。今後も安全運行はもちろん、沿線地域の活性化の一翼を担っていきたい」と話した。
 

神奈川区版のコラム最新6

学校、保護者の連絡電子化

学校、保護者の連絡電子化

(株)横浜メディアアド

8月26日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【2】

横浜とシュウマイと私

「横浜が聖地の理由」

8月19日号

リユース、SDGsの第一歩

電線提供など幅広く貢献

電線提供など幅広く貢献

メルビック電工(株)

5月20日号

絵日記からリユース瓶へ

絵日記からリユース瓶へ

市資源リサイクル事業協同組合

5月7日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook