神奈川区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める 植地 宏美さん 大野町在勤 43歳

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena

子育てママの輪、広げたい

 ○…20年間住み続け感じてきた横浜の魅力を発信するとともに、自身と同じく子育て中の母親たちを「ペンの力」を通じて笑顔にしたいと、昨年10月に創刊したばかりの横浜版編集長に立候補した。編集は未経験ながら、日々たくさんの人たちと出会い取材を楽しむ。「実際に動いて話を聞いてみるのって面白いですね。もともと興味のあったことでなくても、そうなんだ!という発見があって勉強になります」と明るく話す。

 ○…3人目が生まれ、これまで仕事に追われて子育てに集中できなかった自身を省み、子育て法を模索する中で出会ったのがお母さん業界新聞。「お母さんも夢を追いかけて、好きなことを楽しむ」スタンスに共感し購読を始め、次第に編集にも携わるようになった。我が子のレポートや、イベント参加の記事作成を行ううちに、伝えることの面白みに目覚めていった。「書くことで、子どもたちにそのときの思いや出来事を言葉で残していけたら素敵だし、いいなと思って」と子煩悩な母の表情を見せる。

 ○…学生時代からみんなで音を紡ぐ、音楽の世界に夢中になった。中学・高校でブラスバンド部に入ると活動に没頭し、20年間勤めた横浜税関でも音楽隊に所属。現在は市内のゴスペルグループに参加し、90人のメンバーとライブ活動を行う。グループで年数回は、被災地支援として出身地の東北にも献歌に赴いている。

 ○…好きな言葉は、高校生のときからの信条である「Happiness is equal to satisfaction you give」。他者に与えることこそが幸せで、その喜びはゆくゆくは自分に戻ってくる――。「新聞づくりも正にこの精神。お母さんたちの気持ちが明るくなるような情報を伝えていきます」

神奈川区版の人物風土記最新6

⻆田 伯雄さん

神奈川消防団の団長に就任した

⻆田 伯雄さん

神大寺在住 68歳

4月16日号

伴 敬子さん

アニマルセラピー団体「フレンド・ワン」の代表を務める

伴 敬子さん

沢渡在住 77歳

3月26日号

小倉 勝十さん

「まち×学生プロジェクト」の立ち上げから尽力した

小倉 勝十さん

神奈川大学4年 22歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

松見町在住 36歳

3月5日号

志駕 晃(しが あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕 晃(しが あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月27日号

松島 昌子さん

神奈川区民生委員児童委員協議会の会長を務める

松島 昌子さん

片倉在住 75歳

2月20日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月18日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月11日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月1日20:42更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク