神奈川区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

「農家直営」マルシェ人気 羽沢町 20軒が野菜販売

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
季節の野菜がずらりと並ぶ
季節の野菜がずらりと並ぶ

 羽沢町周辺の近隣農家が共同で運営する直売所「きよ・マルシェ」が、口コミで評判を呼んでいる。営業は週2日で数時間のみと短いが、新鮮野菜を目当てにした人が行列を作り、用意した商品が次々と買い物かごに入れられていく人気ぶりだ。

 きよ・マルシェは、「地元の農家が作る野菜をたくさんの人に知ってもらおう」と、羽沢町で農業を営む平本喜誉作(きよさく)さんが中心となって5年ほど前から始めた。各農家が畑や庭先で販売していた野菜を1カ所に集約して売ることで、豊富な品揃えもアピールできると考えたという。

 当初は数軒の農家が軽トラックの荷台に野菜を並べて細々と販売していたが、参加農家が増えたことで規模を拡大。今では100平方メートル以上の大型ハウスを建て、20軒の農家が自慢の野菜を販売している。商品には生産者の似顔絵入りのポップが添えられ、常連客の中には「指名買い」をする人もいるという。

 農産物の販売だけでなく、近隣の畑でジャガイモやサツマイモの収穫体験を企画するなど、マルシェを軸にした地域のにぎわいづくりにも力を入れる。平本さんは「マルシェの存在が広がることで、地場農産物の販路拡大やお客さん同士の交流につながれば」と期待を寄せる。

 開催日時は、毎週水・土曜日の午後2時から4時(土曜日は5時)。土曜日は、横浜市中央卸売市場の仲卸業者による魚の移動販売もある。新型コロナウイルス感染防止のため、番号札を配布して1度に入場できる人数を制限している。詳細はフェイスブック「きよ・マルシェ」で確認を。

住所▽横浜市羽沢町1681(フィットケアデポ羽沢店向かい)

神奈川区版のローカルニュース最新6

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

11月19日号

県内書家30人の作品展示

県内書家30人の作品展示 文化

25日から横浜市民ギャラリー

11月19日号

自然の中で遊びを満喫

自然の中で遊びを満喫 社会

ボーイスカウトが指導

11月19日号

「農家直営」マルシェ人気

「農家直営」マルシェ人気 社会

羽沢町 20軒が野菜販売

11月19日号

住職の妻の「おてらしばい」

なごみ庵

住職の妻の「おてらしばい」 文化

元舞台女優の経験生かし

11月19日号

区に要望書提出

横浜商議所北部支部

区に要望書提出 経済

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク