神奈川区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

100年間受け継がれる「節分追儺式」を執り行った、笠䅣稲荷神社の宮司 小野 和伸さん 東神奈川在住 58歳

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena

”福”あふれる地域に

 ○…「神社行事は地域の方の幸せや、世の中の平和を願って行うもの。だから疎かにできない」―。世界中が感染症蔓延の影響を受ける中”疫病退散”の祈りを込め、100年間継承されてきた「節分追儺式」を関係者のみで執り行った。宮中に伝わる追儺式にならったもので市無形民俗文化財認定の伝統文化。先祖代々の儀式を次世代に伝えたいと、毎年母校の小学生に参加してもらい地域に福を呼び込んできた。「コロナ禍にあっても、工夫を凝らし厳かに神事ができて良かった」

 ○…神奈川小・浦島丘中・翠嵐高校の卒業生。幼稚園時代から野球好きで、高校では野球部に所属し4番センターで活躍した。強豪・横浜高校に市大会で勝利するなど、チームの功績は今なお同校の語り草になるほど。大学進学後も野球部監督が幾度も勧誘するほどの腕前だったが、実家である笠䅣稲荷神社の後継ぎになるために、神主修業に専念した。父が勤務する國學院大學の助手や、40歳以下の神職が集う県神道青年会会長職など、若いうちから経験を積み45歳で宮司に就任した。

 ○…後進育成にも尽力し、30年近く出身校の國學院大學で教鞭を執る。祖父の代から神職の祭式を専門に指導してきた。「作法は身をもって体験してこそ理解が深まる」と対面授業にこだわり、希望者に笠䅣稲荷神社の祭事に参加できる体制も整える。「一般家庭の学生も多いので実際に経験できる場が大切。立派な神職に巣立ってほしい」

 ○…絵が好きで、美術館巡りが趣味。特に洋画家・木原和敏氏の女性画に魅せられ、自宅のコレクションを眺めるのが癒しの時。座右の銘の「実るほど頭を垂れる稲穂かな」は、娘の名前に使うほど感銘を受けた言葉。「謙虚に誠実に人の役に立つ人生でありたい」
 

神奈川区版の人物風土記最新6

日比野 政芳さん

神奈川区長に就任した

日比野 政芳さん

南区在住 56歳

4月15日号

秋本 剛さん

神奈川警察署長に就任した

秋本 剛さん

新浦島町在住 56歳

4月8日号

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

地域情報を発信するサイト「神大寺ナビ」を手掛ける

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

神大寺在住 41歳

4月1日号

町田佳子さん

横浜市内唯一のワイナリー「横濱ワイナリー」の代表、醸造家

町田佳子さん

横浜市在住 

3月25日号

岡田 隆雄さん

今年度40周年を迎えた横浜市シルバー人材センターの理事長を務める

岡田 隆雄さん

金沢区在住 62歳

3月11日号

PORIN(ポリン)さん

Awesome City Club でボーカルを務める

PORIN(ポリン)さん

青葉区出身

3月4日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://takeuchi.180r.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter