神奈川区版 掲載号:2021年6月17日号 エリアトップへ

匠の溶接 安全運行支える 田中聖一さんに黄綬褒章

社会

掲載号:2021年6月17日号

  • LINE
  • hatena
溶接作業を行う田中さん(大宮総合車両センター提供)
溶接作業を行う田中さん(大宮総合車両センター提供)

 政府が発表した春の褒章で、東日本旅客鉄道(JR東)大宮総合車両センター=埼玉県=で電車車両の溶接工として働く田中聖一さん(57・区内在住)が黄綬褒章を受章した。

 田中さんは、モーターやブレーキなどの重要な機器が集中する「電車の心臓部」ともいえる台車の修繕や車両の改造工事に携わる。これまでにボイラー溶接士の全国大会入賞や、埼玉県の溶接技術競技会で4度にわたる県知事賞の獲得、難易度の高い蒸気機関車(SL)の修復に携わるなど多くの功績を残し、2014年度には厚生労働省から「現代の名工」に選出されている。

 歌舞伎役者の中村吉之丞を父に持ち、幼少期は役者としての教育を受けていた。父の出番時には電車に乗って劇場に足を運んでいたことがきっかけとなり、幼い頃から「将来は電車の運転士に」という夢を抱いていたという。

 中学卒業後、旧国鉄鉄道学園に入学。実習で初めて溶接を体験し、「最初はわずかな範囲しかできませんでしたが、アドバイスを受けて自分なりに上手くできたことから興味を持つようになりました」と振り返る。

父同様「生涯現役」

 仕事をする上で最も大切にしていることは「確実な溶接」の徹底だ。一歩間違えれば車両故障や事故を引き起こしかねない作業だからこそ大きな責任を感じるが、「溶接はものづくりの要。図面指示で鋼板を切断し曲げ加工をして、溶接で製品として組み上げることや、車両の新造で車体を造り上げた時に達成感が込み上げます」と笑顔で語る。

 溶接工としてのキャリアに、褒章という輝かしい経歴が加わった田中さん。「技術や技能の向上に終わりはありません。まだまだ勉強して吸収していきたい。最終的な目標は、役者の父と同じ『生涯現役』ですね」。いぶし銀の技に磨きをかけ、乗客の安全を陰ながら支えていく。

黄綬褒章を受けた田中さん(同センター提供)
黄綬褒章を受けた田中さん(同センター提供)

神奈川区版のローカルニュース最新6

災害時の救援車両を贈呈

神福協

災害時の救援車両を贈呈 社会

日本赤十字社に対し

11月25日号

反町でグループ写真展

反町でグループ写真展 文化

自由なテーマで28日まで

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

人気のフリマ開催

11月27日

人気のフリマ開催 社会

東横フラワー緑道フェスタ

11月25日号

陽性者累計4802人、前週から1人増 横浜市神奈川区

【Web限定記事】新型コロナウイルス

陽性者累計4802人、前週から1人増 横浜市神奈川区 社会

11月25日号

原油高で相談窓口

原油高で相談窓口 経済

市、中小企業対象に設置

11月25日号

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook