神奈川区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

「路地」で多世代交流 六角橋「みちあそび」盛況

コミュニティ社会

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
路上で遊びを楽しむ参加者ら
路上で遊びを楽しむ参加者ら

 住宅街の路地を使って昔ながらの遊びなどを楽しむ「みちあそび」が、13日に六角橋地域で行われた。

 地域で暮らす子どもや高齢者などの多世代交流を深める場をつくろうと、六角橋自治連合会や六角橋西町自治協力会、六角橋地区社会福祉協議会などが連携して実施。六角橋2丁目にある路地の道路使用許可を得て、午後1時30分から2時間を「遊び場」として開放した。

 会場にはベーゴマやけん玉、ぽっくりといった遊び道具が並び、子どもたちは懐かしそうに遊ぶお年寄りに教わりながら見よう見まねで体験。道路をキャンバスに見立てたチョーク遊びも用意され、色とりどりの絵が路上を彩った。母親と参加した子どもは「道路に絵を描いたのは初めて。すごく楽しかった」と笑顔を見せ、 子どもたちにこま回しの腕を披露した男性は「童心に帰ったよう」と満足そうに話した。

まち挙げて子育てを

 神奈川区では、区役所や社協、諸団体が住民と取り組む高齢者や子育て支援といった活動の指針となる「神奈川区地域福祉保健計画(かながわ支え愛プラン)」の第4期計画が進められており、六角橋では区内の各地域が取り組む地区別計画の柱の一つに「まちを挙げた子育て支援」を盛り込んでいる。

 みちあそびを主導した六角橋西町自治協力会の浅井信二さんは、「これまでは防災や高齢者支援に重点を置きがちで、子どもたちに対する取り組みが手薄だった。これからは遊び場の提供などを通して、地域で子育てを見守る活動にも力を入れていかないといけない」という。

 今回の試みはその一環で、東京都を中心にみちあそびイベントを実施している一般社団法人TOKYO PLAYの活動を参考にしながら、2年ほど前から準備を進めてきたという。初めての実施にも関わらず、参加した子どもは100人を超える盛況ぶりだった。

 同法人代表理事の嶋村仁志さんは「昔の子どもは路上で遊ぶ中で近所の大人たちにかわいがってもらったり、迷惑とはどういうことかを学んだりしてきた。(みちあそびには)世代や垣根を超えた遊びを通して、地域と子どもが一体となって成長していく魅力がある」と話した。

 六角橋では今後、月1回ほどのみちあそびを連合会所属の自治会町内会が持ち回りで実施する予定という。

神奈川区版のローカルニュース最新6

ワールドカップの決勝の地で親子ラグビー教室

【Web限定記事】9月10日

ワールドカップの決勝の地で親子ラグビー教室 スポーツ

元日本代表吉田義人氏が講師に

8月18日号

区内神社で例大祭

区内神社で例大祭 社会

伝統続け、各所で賑わい

8月18日号

地域が期待する奉仕活動を

地元奉仕団体 新会長の横顔 Vol.1

地域が期待する奉仕活動を 社会

8月18日号

ENEOSが優勝

都市対抗野球

ENEOSが優勝 スポーツ

逆転で9年ぶりの栄冠

8月18日号

8月22日、防災ママカフェ

8月22日、防災ママカフェ 社会

備蓄食の体験も

8月18日号

9月1日に再開へ

横浜マリンタワー

9月1日に再開へ 社会

先行予約スタート

8月18日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook