神奈川区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

(PR)

ナイス住まいの情報館 市の住宅相談窓口に 空き家、リフォームなど

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
新たに相談窓口となった菊名店(上)、鶴見東店
新たに相談窓口となった菊名店(上)、鶴見東店

 建築資材や住宅事業などのナイス(株)が運営する「ナイス住まいの情報館 住まいるCafe」がこのほど、新たに横浜市「住まいの相談窓口」に位置付けられた。市と同社の協定によるもので、これにより同窓口は市内計15カ所となる。

相談、より気軽に

 住まいの相談窓口は、市が民間事業者や住宅関連団体と連携して開設しているもの。市民からの相談に無料で応じるほか、市の住宅施策の情報発信に協力する。ナイス(株)は横浜市と2015年、環境に配慮した建築物の普及や市民安全に関することなど、幅広い分野で相互連携を進めるため包括連携協定を結んでおり、今回の活動はその一環。市の「気軽に相談できる窓口を増やしたい」との思いにナイス(株)が協力する形となった。

近隣は2カ所

 市の窓口として受け付ける相談は、新築・リフォーム、マンション管理、賃貸住宅オーナー向け、空き家、賃貸住宅への入居、住まいの購入・売却など。店舗としては相続なども受け付ける。

■住まいるCafe菊名(港北区菊名6の17の1藤和ビル1F)、鶴見東(鶴見区鶴見中央1の26の1横浜アーバンビル1F)本社専用ダイヤル【電話】0120・769・714/窓口での相談は予約制

ナイス住まいるCafe

港北区菊名6-17-1藤和ビル1F,鶴見区鶴見中央1-26-1横浜アーバンビル1F 問合せは下記本社専用ダイヤルへ

TEL:0120-769-714

https://www.house.jp/

神奈川区版のピックアップ(PR)最新6

「高齢者の5人に1人が認知症に?」

参加無料完全予約制

「高齢者の5人に1人が認知症に?」

将来に備えた不動産対策を司法書士・税理士が指摘

1月20日号

ブロック塀の安全を確認しましょう

横浜市

ブロック塀の安全を確認しましょう

併せて意見募集にもご協力ください

1月20日号

「補聴器のことなら何でもご相談を」

「あなたのきこえに寄り添います」

「補聴器のことなら何でもご相談を」

リケン補聴器センター横浜店

1月13日号

子どもの「アゴの形と口の機能」とは

矯正歯科医が解説 横浜駅西口すぐ「横浜クリニック」

子どもの「アゴの形と口の機能」とは

1月22日(土)に無料公開講座

1月13日号

解体・新築の補助、継続へ

横浜市

解体・新築の補助、継続へ

燃えにくいまちへ 最大300万円

1月13日号

非常勤職員を募集

横浜市区役所

非常勤職員を募集

看護師等の資格活かせる

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook