神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2024年1月1日 エリアトップへ

来春オープンする神奈川区国際交流ラウンジの管理運営団体の代表を務める 岩間 良一さん 六角橋在住 67歳

公開:2024年1月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

国境超えた地域交流を

 ○…市内13番目のラウンジとして3月5日に開所する「神奈川区多文化共生ラウンジ」。その管理運営を行うNPO法人神奈川区多文化共生の会の代表として、「神奈川区らしい特色のある施設」を目標に掲げる。地域ケアプラザでの日本語教室の開催など、ラウンジを中心とし、区内各地で多文化共生への機運醸成を目指している。「日本人の方にもたくさん利用してもらいたい。様々な言語が飛び交う中、笑顔が広がる場所を目指したい」と思いを語る。

 ○…講座に参加したのが会との出会い。「海外旅行の役に立てばと軽い気持ちで」と話すが、会員の頑張る姿や理念に共感し、自身も一員に。活動を続ける中、当初は区内に1つだった日本語教室を、行政と連携して新たに3つ創設。「達成感はもちろん、実際に社会を動かす責任も実感した」と振り返る。ラウンジの開所に向けては、会員で協力して外国人オーナーの料理屋を一件ずつ訪問しチラシを配布。「能動的に働きかけることが不可欠。必要としている人たちに、しっかりと情報を届けていく」と力を込める。

 ○…出身は川崎市。高校時代のバイト先のうなぎ屋には今も足を運ぶ。「外国人の店員さんも増えて。改めて国際化の波を感じる」。テニスとジムに加えて大好きなのが旅行。80泊で日本一周をしたことも。「なまはげ館の演舞が印象的だった」と微笑む。家族3世代では夏の伊豆旅行に行き、「かわいい3人の孫が一番の癒し」と優しい祖父の顔を覗かせる。

 ○…「外国人が不安なく暮らせるまちに」と青写真を描く。「言語の壁などで、地域と接する機会がない人もいると思う。イベント開催などで、そんな人たちの背中を押せる存在でありたい」と決意を語った。

神奈川区版の人物風土記最新6

石原 史敬さん

創立50周年の少年サッカーチーム「かもめSC」の代表を4月から務める

石原 史敬さん

緑区在住 51歳

5月30日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

山保 豊さん

横浜で初の試飲会を開催する、関東本格焼酎・泡盛会の会長を務める

山保 豊さん

松ケ丘在住 62歳

5月16日

松崎 賢二さん

4月に神奈川消防署の署長に就任した

松崎 賢二さん

瀬谷区在住 55歳

5月9日

鈴木 茂久さん

新たに神奈川区長に就任した

鈴木 茂久さん

保土ケ谷区在住 55歳

5月2日

嶋崎 孝浩さん

4月に神奈川図書館の館長に就任した

嶋崎 孝浩さん

立町在勤 60歳

4月25日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook