神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2024年2月29日 エリアトップへ

2月1日から横浜F・マリノスユースの監督を務める 冨樫 剛一さん 横浜市出身 52歳

公開:2024年2月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

多角的な視点で指揮を取る

 ○…「インテリジェンスでスピーディーなサッカーができる」。これまで東京ヴェルディや年代別日本代表などで指揮を取ってきた新監督は、横浜F・マリノスユースの印象をそう語る。そんなイメージを持っていたチームの監督依頼に驚きつつも、引き受けることを決断した。選手らが、技術、戦術などピッチの中だけでなく、「人としても応援されるように」とチームを率いる。

 ○…青葉区出身。当時は自然豊かで、自転車一つで川でザリガニを捕まえに行ったり駄菓子を買ったりしていた。小学2年生でサッカーを始め、リフティングしながら登下校する日々を送り、小4でFCすすき野へ。サッカー熱が周りの野球少年に伝わり共にプレーするようになった。「勝つと楽しい。仲間の半分以上が野球からサッカーに来た」。その後、読売クラブユースへの入団を経てプロの道へ。

 ○…現役引退後は、コーチや監督だけでなくマネージャーやスカウトなども経験。多方向から選手を見てきたからこそ「芯を持っている人が上にいける」と力強く話す。また、昔から何でもサッカーに結びつける癖があり、算数で数字を見ると「3対2だ」、国語で文章を読むと「こう言ったらわかりやすい」と練習やコーチングなど、日常のさまざまな場面からヒントを得ていた。「妻と一緒にいる時も、サッカーに繋がる発想が浮かぶ」と困ったように微笑む。

 ○…「周囲のおかげで自発的に挑戦できる環境に恵まれてきた」と感謝を口にする。「監督として不足を感じる」と謙虚に話しながらも、これまで関わってきた人たちのように「自分が尊敬されているか。そういう人でいられているのか」を大切にしながら若い選手らを統率していく。

神奈川区版の人物風土記最新6

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

4月11日

福田 茂さん

4月1日付で神奈川消防団の団長に就任した

福田 茂さん

幸ケ谷在住 65歳

4月4日

小谷野 貴弘さん

南神大寺小学校の創立50周年記念事業実行委員長を務めた

小谷野 貴弘さん

神大寺在住 42歳

3月28日

竹内 一郎さん

能登半島地震の医療災害対策本部DMAT本部長を務めた

竹内 一郎さん

横浜市立大学附属病院勤務 51歳

3月21日

近藤 真さん

火災への適切な初期対応で、神奈川消防署から感謝状表彰を受けた

近藤 真さん

西寺尾在住 72歳

3月14日

三善 幸夫さん

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第一次派遣で大隊長を務めた

三善 幸夫さん

神奈川消防署副署長 60歳

3月7日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月29日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook